RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
オバマ(勝)/マケイン(負)討論会
sourceオバマ/マケイン最終討論会
大方の予想通り、オバマ優位に終わり
オバマ大統領誕生の可能性が益々高まった



ディベートの内容はニュースで読んでいただくとして、しばらく休暇を取っていたヒラリーが現場復帰している。ビル・クリントンと夫婦でオバマをバックアップするため。


「あたしの助けがいるですって? 仕方ないわね。その代わり閣僚ポストを保証してよね」ってことでせうか。


さらに話変わって。


ディベートでは人種問題はもちろん出ない。でも一昨日のブログにも書いたようにメディアは人種問題で持ち切り。オバマ本人は黒人として大統領になろうとしているわけではないにも関わらず、人種(問題)の国アメリカでは、結局そこが最大の焦点になってしまう。


これも一昨日、「黒人大統領なんてとんでもない」系の田舎白人は、直接メディアには登場しないと書いたけれど、今日のニューヨークタイムズは総力取材で、そういう人物が本名&写真入りでインタビューに答えていた。(大手メディアは、こういうことが出来てしまうところが凄い。)


「黒人大統領なんてとんでもない」系については、その存在はよく知られているところなのだけれど、「黒人と白人のミックスなんてワケわからんからイヤだ」系には驚かされた。つまり、黒人については「あいつらはダメだ」とはっきり意見(ていうか偏見だけど。)を持っていても、多人種な都市部と違って混血が稀な土地柄ゆえに、見慣れない混血を「薄気味悪い」「出所がはっきりしない」と感じるらしい。


さらに驚いたのは「聖書には混血してはいけないと書かれている」と主張する年寄り。


そういう背景のある南部でオバマのボランティアをしている人たちは、黒人ダメだ系の有権者には「でもね、彼は半分白人なんです。(タチの悪い)アメリカ黒人とは違うんです」と説得するらしい。この話を聞いた黒人有権者は、そりゃ怒るわけです。でも南部の事情を考えると仕方ないのかもしれない。選挙は勝ったもの勝ち。まともな認識を持たない有権者を詭弁で丸め込むのも戦法としてはアリなのかも。(倫理的に難しい問題だ。)



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************
★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 20:07
-, -
あと3週間〜人種問題再燃 Race in the Race
大統領選(11/4)まであと3週間。
最新の世論調査では
オバマ支持53% マケイン支持43%
オバマ、なんと10ポイントもの優位。


この結果を受けて、ここ数日、メディアは「白人は本当に黒人に投票するのか」という報道に熱中している。


「ブラッドリー ブレイディー 効果」を引き合いに出しているのだ。1982年、カリフォルニア州知事選は黒人候補と白人候補の対立だった。投票日直前の世論調査では黒人のブレイディー候補が優位だったにも関わらず、白人候補が当選。そんな事態が起こった理由は、人種差別主義者と思われたくない白人有権者が、世論調査や出口調査では「ブレイディー支持」と答えておきながら、実際は白人候補に投票したことだと言われている。で、今回もそれが起こるかもしれない、というわけ。


正直者もいる(笑)。年配の白人が「黒人には投票しないわ」「ブラックボーイを大統領にするわけにはいかんね」と発言したという報道がいくつかある。発言した本人はさすがに登場せず、白人のオバマ支持者が選挙活動中に声を掛けた白人有権者が言ったセリフとされている。


10日には、ミネソタ州でのマケインの集会で75歳の女性がこんな発言。
「オバマを信用できないわ。アラブだから」さすがにマケイン、このおばあさんからマイクをひったくって、「違います。彼はまともな家庭人です」とオバマ擁護。(「アラブなんかじゃありません」みたいに言うとアラブ系団体から抗議が来るので、人種に触れない言い回しで擁護というか、おばあさんを黙らせた。)


このおばあさんへの後追いのインタビューが面白かった。
「図書館でオバマの悪いことに関する資料を見つけたの」
「それを400枚コピーして、電話帳から住所を拾った400人に送ったわ」
リポーターに「どんな悪いこと」かと聞かれても、「えっと、ほら、悪いことよ。その手紙、あなたにもあげるわ」というだけで、内容を忘れたんだか(笑)、詳細は何も答えられない。


ちなみにミネソタ州、人口の86%が白人で、黒人は4.5%


一方、リベラルの牙城、ニューヨークのお話。
今週のニューヨークタイムズの児童書ベスト10には、オバマの絵本と、オバマの小学生向け伝記がランキング。人種を問わず、リベラルな親がせっせと子どもに買い与えているのだな。ちなみにニューヨーク市の黒人人口比は25%
obamaobama




話変わってウィスコンシン州。マケイン支持の黒人ラジオパーソナリティーは、聴視者からさんざん嫌がらせのメールを送り付けられたあげく、脅迫状まで受け取ったと言う。



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************
★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 00:00
-, -
18歳解禁、投票せよ!
今回の大統領選、「First Voter」を対象にしたキャンペーンが行われている。「初めて投票する人」=「高校生」&「市民権を取ったばかりの元移民」だ。


こちらの選挙権は、投票日までに18歳になった者に与えられる。ニューヨーク州では、いわゆる「学年の切れ目」となる誕生日は12月31日なので、ほとんどの高校4年生に選挙権が派生することになる。(留年も多いから、2年生や3年生でも投票できる子、多いと思うけど。)


市民権を取得したばかりの人たちも First Voter だ。感慨深いだろうなぁ。去年まで移民としてアメリカに間借りしていたのに、今年はアメリカ人として投票できるのだから。


話変わって。


今回の選挙、ヒップホッパーが大人しい。前回はラッセル・シモンズやディディがやたらと騒いでいたのに。「Vote or Die」とか。今回はどうしちゃったんでしょ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************
★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 00:00
-, -
黒人ジャーナリスト on CNN(オバマ効果)
Amy Holmesエイミー・ホルムス/CNNコメンテイター
 
オバマの登場はマイノリティー・ジャーナリストにとてもよく作用した。今、CNNには多くの黒人&ラティーノのジャーナリストが頻繁に登場する。


アンカーパーソンやリポーターには最初から黒人がいたし、大統領選が始まってからはコメンティターにも急に増えたから、時々、画面が「ブラック専門局?」みたいになってる(笑)。


ただし、「ライトスキンな人が多いなぁ」という印象だった。ま、メディアにはありがちなことで。さらに最近、気付いたのは「黒人と白人のミックスの人、多くないか?」ということ。


毎日のように登場するエイミー・ホルムス(↑)は、本当はこんなに面長ではなくて、もっとキューピーっぽい童顔な人。いったい何歳かと思ったら、まだ35歳。お母さんがアメリカ白人、お父さんがアフリカのジンバブエ人。3歳の時に両親が離婚し、以後は母親に育てられている。プリンストン大出身で、年齢の割にものすごく多彩なキャリア。


オバマととても似通ったバックグランドの持ち主ですな。


だけど保守派。ただし堕胎賛成のリベラルなニューコンサバティブ。
「若い・黒人・女性・リベラルなニューコンサバ」……とてもユニークで目立つ存在だ。


他にもキューバ移民と、オーストラリア移民の娘だというソールダッド・オブライエンとか、アジア系では、父:ベトナム人、母:アメリカ白人で、自身もベトナム生まれのベティ・ングエンとか。


そうそう、ニューヨークのローカル局NY1の日系リポーター、サンドラ・エンドゥもいつの間にかCNNに移籍していた。政治リポーターなのでワシントンD.C.にいるそうな。まだ画面では見たことないけれど。


テレビ・リポーターに中国系は多少、見掛けるけれど日系は本当に少ないし、さらにフィールドが政治。サンドラにはがむばって欲しいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください
**************************************************


★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。
ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
●詳細はここをクリック


author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 00:00
-, -
アメリカ、滅茶苦茶。
gorangerspowerrangers

秘密戦隊ゴレンジャー(1975)   パワーレンジャー(2006)


弟は小さな頃、「ゴレンジャー」に夢中だった。あれから30余年、うちの子は今「パワーレンジャー」の大ファンだ。「ゴレンジャー」はアメリカで「パワーレンジャー」と名前を変えて、ずっとリメイクされ続けている。デザインもほとんど変わっていないところが凄い。


↑ 日本は時々すごいモノをクリエイトしてるんだなぁ……と改めて感心した次第。


ところでアメリカ。
銀行はバタバタ潰れていくし、大統領選もワケわからん状態になってるし。


共和党の副大統領候補、サラ・ペイリン、とうとうインタビューに答えたと思ったら、言ってることが本当に発話明瞭意味不明で、国中をあっと言わせた。クリス・ロックも絶句してたなぁ。「これが副大統領候補って哀しいよ」と。


サラ・ペイリンには同情してた。オバマに負けそうで焦った共和党が「何かハデなことやらんといかん」とペイリンを指名。本人がいちばんびっくりしたと思う。「え??? アラスカ州知事歴たった2年の私が副大統領???」 「出来るはずないでしょー」


けれど断ると今後の政治生命をほぼ絶たれることになるだろうから、野心家な彼女としては、それは避けたかったのではないかな。


で、「イエス」と言ったペイリンに党が家庭教師を付けて外交問題とか、猛勉強させてるんだろうと思ってた。なのでお勉強が一段落するまではメディアに出ることをさせなかったのだと思ってた。ところがケイティー・コーリックによるインタビューを見る限り、一夜漬けの勉強すらした形跡がなかった。「アラスカって、ほら、えっと、とっても強力な国、ロシアのお隣だから」……どうなっているんだろう???


一国の大統領選がこんなんでいいのかー?


今週、副大統領候補同士のディベートがあるのに、一体どうするつもりなんだろう???


**************************************************
携帯サイト「ソウルトレイン/ニューヨークの壷」更新!
てことで、今回は金融業界に押し寄せる不況の波 v.s. セイカツなんて最初っから苦しいわよ、なハーレムの庶民のEBTカード

st


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 16:10
-, -
オバマ、あなたのコトが心配です。
obama 08オバマの公式サイトから待受画面をダウンロード。なんか気恥ずかしいけど。



11月4日の大統領選まで、あと6週間。


今週末から10月半ばにかけてオバマ対マケインのディベートが3回ある。このディベートには両候補共、命かけてる。戦術を練ると同時に、相手の過去のディベートのビデオを見て相手のパターンを学んだりするらしい。


副大統領候補同士のディベートも1回あるんだけれど、共和党のサラ・ペイリンはボロが出ること必至なのでフリーディベートはなし。司会者の質問に答える形式にするそうな。ちなみに民主党のジョー・バイデンはこれまでインタビューや演説を84回こなしているのに対して、サラ・ペイリンはたったの2回(!) 全米規模の舞台に立った経験がないし、外交問題もかなりオンチなので、党が「本人にはしゃべらせるな」という策を取っているのだ。


若い、女性、アラスカ、美人、溌剌……なのでやたら話題になっているサラ・ペイリンだけれど、副大統領のポジションには10年早いと誰もが知っているから、彼女の起用によってマケインの票が増えるわけでもないらしい。


でも、でも、でも。
サラ・ペイリンのことは置いておくとしても、世論調査ではオバマとマケイン、かなりの拮抗状態。なんといってもオバマは黒人だし。「なにがあろうが黒人に大統領をさせるわけにはいかん」という白人層もまだ存在する。全米の黒人人口は13%だから白人票が重要なんだけど。


だから、ちょっと焦ってきた。オバマ本人じゃなくて、わたしが、なんだけど。


4年前、日本に里帰りして戻ってきた時のこと。デトロイトの空港でニューヨークへの乗換便を待っているときに大スクリーンに「ブッシュ再選」の速報が流れた。あの時のショックというか、虚脱感。「あと4年もこれが続くんかい????」


オバマが大統領になっても、やはり経験が十分とは言えないし、経済、イラク/アフガン戦争、移民問題……すべてがスイスイと解決されるとは思わない。けれど彼は物事を素早く学ぶタイプだから多少の時間はかかっても良い大統領になると思うし、なにより国中(世界中かも)に、新鮮な気分と「今からイイコト起こるかも」みたいな期待感を振りまいてくれるはず。


でもマケインが勝ったら。
4年前のショックと脱力感を再び味わうことになる。


そう思うとなんだかジワジワとこわくなってきて、だから待受画面などダウンロードしてみた次第。(意味ないけど。) ちなみにオバマ着メロは演説からの抜粋で「変化のために電話を取れ!」とか、そんなの。さすがに人前で鳴ると、ちょっときまり悪いのでダウンロードしてない。


**************************************************
携帯サイト「ソウルトレイン/ニューヨークの壷」更新!
ワシントンD.C.といえばGo-go! かっこいい音楽なのだ。
ブラックムービー祭で再認識。

st


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック



author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 15:05
-, -
中絶、絶対反対! サラ・ペイリン
sarah family

共和党の副大統領候補、サラ・ペイリン一家。


夫は高校時代のボーイフレンド。

長男は先週、イラクに出兵。
(長男だけがミス・アラスカ2位のお母さん似。男前だ。女の子たちはお父さん似の模様。)

副大統領候補指名の直後に、17歳の長女の妊娠が発覚。
18歳のボーイフレンドと結婚する(させる?)予定。

今年5月に生まれた二男はダウン症。


いろいろと非難があるわけです、サラ・ペイリンに対して。政治家としてのキャリアが浅過ぎるという以外に「超保守派、銃擁護、中絶反対」などに対して。


44歳の高齢出産で今年5月に生んだ男の赤ちゃんはダウン症。本来、これは個人の選択だけれど、「州知事の立場でこれはないでしょ」(=子どもに手間を取られて仕事がおろそかになる)という批判があったそうな。


そして17歳の長女の妊娠→18歳のボーイフレンドとの結婚。ニューヨークタイムズなど「十代の結婚の大多数は失敗に終わる」なんて、ちょっと嫌がらせが過ぎる記事を掲載した。これも本来は家庭内の問題だ。(ボーイフレンドはちょっと可哀想か。ノーと言えないよ、状況が状況だから。)


けれど副大統領になる人物がここまでの「なにがなんでも絶対に中絶反対派」だと、胎児に異常があろうが、未婚の10代だろうが、レイプの結果の妊娠だろうが、中絶が出来なくなるのではないかという恐怖が女性にはあるのだ。


この国には未婚の若い母親があまりに多過ぎる。母子ともに苦しい生活に陥ることが珍しくなく、見ているこちらが辛くなる環境に生きている子どもたちのなんと多いことよ。また、その生活保護費etc.,に莫大な税金が使われている。


今日のニューヨークタイムズに21歳のシングルマザーと、2歳の子ども、生後2ヶ月の赤ん坊のホームレス一家が取り上げられていた。シェルターに入るために5時間半も並んでいるとあった。2歳の女の子は母親にしがみつきながら、ぐずっていた。(父親は子どものサポートを放棄しているか、刑務所か、すでに死んでいるか。)


サラ・ペイリンへの質問:
この21歳の女性は、果たして二人目の赤ちゃんを生むべきだったのだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 12:14
-, -
今日のオバマ in ハーレム(間違い探し)
OBAMA-POSTER

バラク=永遠に続く希望
マクセイム(マケインと same の造語=ブッシュと同じという意味)=永遠に終わらない戦争
あなたの選択

バラクの綴りが間違ってるよ、おい。


オバマは9.11追悼式でニューヨークに来たついでにハーレムに立ち寄ってビル・クリントンに会ってみたり、特大ハリケーン・アイクの被害者に気を遣って「サタデーナイトライブ」出演をキャンセルしてみたり。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 11:52
-, -
大統領選とニューオリンズ・ハリケーン
palinサラ・ペイリン共和党副大統領候補
現アラスカ州知事 44歳


ジョン・マケインご乱心。
副大統領候補にアラスカ州の若い女性知事を選ぶ!
で、共和党員からは当然のように非難囂々。
オバマ陣営は「クリスマス・プレゼントもらったみたい!」と大はしゃぎ。


非難の声:

「ほとんど経験のないペイリンが何故???」
経歴:自分の故郷である小さな街(当時の人口 5,000人!)の市議4年、同市の市長を6年、アラスカ石油管理委員会長2年、そしてアラスカ州知事に2年。……え? これでアメリカ合衆国副大統領になっていいのか?


「アラスカってどこだよ?」
アメリカ本土、特に東海岸の人間はアラスカ州とハワイ州を属国か植民地、または外国のように考えている。トロピカルリゾートに行く時は近所のカリブ海。ハワイは遠過ぎる。アラスカには全く用事がない。(オバマはハワイ生まれだから、アラスカーハワイ対決?)


「ヒラリー支持者を得るために女性を選んだって、党が違うじゃん???」
共和党の考えていることは説明不可能。


ジョン・マケイン、苦肉の策のようで。
とにもかくにも、このペイリンと共に今日から共和党大会をぶち上げる予定だった。先週の民主党大会で吹き荒れたオバマ旋風がキョーレツで、それをなんとか凌ぐためのペイリン指名だったのに、それもハリケーン・グスタフのために延期! しかも5人の子持ちであるペイリン、今日になって17歳の長女の妊娠が発覚!……とことん運のないマケイン。

*グスタフは予測よりも被害が少なかった。よかった、よかった。


ところで、サラ・ペイリン。
確かに今、副大統領になるのはちょっと無理なんじゃないかと思うけれど、なんかタダ者じゃないという気はする。10代の頃にミス・アラスカ2位になって大学奨学金を得て、バスケで活躍して、政治家をしながら5人も子どもを産んで(生後4ヶ月の末っ子はダウン症。)、狩猟や釣り、マラソンが趣味で。


成り行きはどうあれ、こういう人が出て来れるのがアメリカのいいところか。(むちゃくちゃなところとも言えるけれど。)



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 19:01
-, -
次期ファーストレディ 〜ガール from サウスサイド・シカゴ
m-obama民主党大会でスピーチするミシェル・オバマ

「シカゴのゲットー、サウスサイドで生まれ育った黒人の女の子」が次期アメリカ合衆国ファーストレディか?

党大会という場にあってファッションが
カジュルなのも、ちょっと新鮮な驚き。



25日にコロラド州デンバーで民主党大会が始まった。4年に1度開かれる、大統領候補を正式に決定、指名するための大イベント。今日で3日目だけど、連日、デンバー・スポーツスタジアムに7万人(!)を集めての、まるで巨大ロックコンサート並のド派手さ。


毎日、民主党の顔である人物が何人もスピーチして、「オバマを大統領に!」ムードを盛り上げていく。初日のトリはミシェル・オバマで、彼女のスピーチがお見事だった。彼女は弁護士で、シカゴ大学病院の地域対外広報統括責任者というポジションにあったから、ある程度の規模のオーディエンスを前に話をする経験はあったはず。けれど7万人を前に、自分の夫が一国の大統領にふさわしい人物だという確信、自分がそのパートナーであるという自信を落ち着きと余裕をもって話してみせるというのは、ちょっと出来ることではないと思う。「あぁ、この人が次期ファーストレディになるんだ〜」と、妙に納得させられたりして。


2日目のメインはヒラリー・クリントン。これがまたミシェルとは違った意味で凄いスピーチでございました。オバマと共和党候補ジョン・マケインがかなりの接戦なので、かつてのライバルであるオバマをサポートし、「民主党はひとつ。私の支持者もオバマに投票して民主党政権を!」をアピールするためのスピーチだったのだ。


「彼こそが大統領にふさわしい人物です!」と言い切るのは辛かっただろうなあ。本音は「私こそ大統領になるべき」だから。なのに電気が走るようなシャープで、しかも余裕しゃくしゃくな貫禄のスピーチで会場を盛り上げまくったのには脱帽。あらためて感服。今日のメディアもヒラリーのことばかりだった。


ヒラリーのスピーチを時には目を細め、時には満面の笑みを浮かべ、時には感無量って感じで(涙ぐんでなかったか?)、聞き入っていたのがビル・クリントン。自分自身が世界の表舞台に帰り咲くためにもヒラリーに大統領になってほしかったわけだけれど、うーん、なんか不思議な夫婦だ。


そして今日、3日目のメイン・スピーカーがそのビル・クリントンだった。実はうっかりうたた寝してしまい、聞き逃した。あとで CNN で再放送を見てみよう。


最終日の明日は、いよいよオバマ本人が登場する。異常な盛り上がりになるんだろうなあ。史上初の黒人大統領の誕生という歴史的な瞬間に立ち会えるかもしれないという期待感、戦争&不況でブッシュに心底辟易してフレッシュなものを渇望……。大観衆が総立ちになるネタは揃っている。


大会場、大観衆、大音響……。
アメリカって政治ですら、こんなふうに一大エンターテインメントになるのだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください

**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 22:49
-, -