RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
カリフォルニア・キャンディ・ソング
エミネムのDVソング「Love The Way You Lie」と同じタイミングで観てしまったのが、ケイティ・ペリーの「カリフォルニア・ガールズ」のビデオ。スヌープ・ドッグが出ているから観てみたのだけれど、ケイティの声、実は苦手なタイプなのに、耳にこびりついて離れなくなってしまった。しかもDVとキャンディの対比も凄いといえば凄くて。


ケイティ・ペリー公式サイト
California Gurls / Katie Perry



ビデオは彼女のサイト ↑ で観られますが、それにしてもスヌープは、やはり希有な人と言わざるを得ないでしょう。大物なのに身が軽い。ジェイ・Zやディディにはこんなコトは出来ません。
劇中、スヌープの手下のグミベアも中指、立ててます(笑)


Snoop Doug

Snoop Doug



************************************************************

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
 ・8/15 ハーレムウィーク特別ツアー
 ・9/19 アフリカンアメリカン・パレード特別ツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


●詳細はここをクリック


************************************************************
↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 16:10
-, -
エミネム+リアーナの新曲は、DV推進ソング?
昨日のブログに書いたエミネムとリアーナのDVソング「Love The Way You Lie」をDV当事者はどう感じているのかと思い、ちょっとググってみた。やはり、あまり評判はよくない。


・歌詞にDVを行ったことに対する悔いが見られない → DV肯定となっている
・DVをロマンティック化している
・実際のDV被害者であるリアーナがDVを受け入れる歌詞を歌っている

などの意見があった。


興味深かったのは、この曲の歌詞は「男からの一方的なDVではなく、相互DV」という意見。女性が男性と同等の暴力を振るうケースは少ないものの、言葉や行動で相手を傷付け返し、それが男性を刺激し、双方がどんどんエスカレート。けれどお互いに離れられず、とても不健全な関係を続けてしまうそうだ。


確かに歌詞を読むと、エミネムの元妻キムをモデルにしているらしい女性も負けずにやり返し、男はそんな女性に執着し、最後は殺人の予告までしてしまう。



************************************************************

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
 ・8/15 ハーレムウィーク特別ツアー
 ・9/19 アフリカンアメリカン・パレード特別ツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


●詳細はここをクリック


************************************************************
↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 15:55
-, -
壮絶DVソングが全米1位 エミネム+リアーナ「Love The Way You Lie」
今、全米ビルボード・シングル・チャート1位となっているのは、リアーナをフィーチャーしたエミネムの「Love The Way You Lie」(あなたの嘘のつき方が好きなの)


リアーナの切ないソロで始まるこの曲、実はとんでもなく恐ろしい、DV(ドメスティック・バイオレンス)ソング。エミネムは自身が元妻との間にDVの過去を持つことからこの曲を書き、女性パートを歌えるのはクリス・ブラウンとDV問題を起こしたリアーナしかいないと思ったらしい。


以下は 歌詞の一部抜粋。


(エミネム)
オレはただ、彼女に戻って欲しいんだ
自分が嘘つきだって知ってるさ
彼女がオレを捨てようとしたら
彼女をベッドに縛り付け
家に火を点けるんだ

(リアーナ)
ただ、そこに立って
私が火に包まれるのを見るのね
だけど、いいの
なぜって、私はこの痛み方が好きだから
ただそこに立って、私が泣くのを聞くのね
だけど、いいの
なぜって、あなたの嘘のつき方が好きだから
なぜって、あなたの嘘のつき方が好きだから


恐ろしくてとり肌がたってしまうリアーナのパートも、エミネムが作詞したのだろうか。これが今、全米チャート1位って……。アメリカ人は当然、歌詞が全て聞き取れてしまうわけで。


そして、BETアワードで号泣して少し株を持ち直したクリス・ブラウンにとって、これはキツいブローですなぁ。一生、許してもらえないのか(笑)。女の子を虐待すると、こういうメに合うという教訓。すべての DV男がこの曲を聴きますように。


ビデオは現在、制作中ということで、以下は歌詞が現れるバージョン。

↑YouTubeから削除されました。
↓ここで聴けます。
エミネム・マイスペース


Love The Way You Lie

[Chorus - Rihanna]
Just gonna stand there and watch me burn
Well that's all right because I like the way it hurts
Just gonna stand there and hear me cry
Well that's all right because I love the way you lie
I love the way you lie

[Eminem - Verse 1]
I can't tell you what it really is, I can only tell you what it feels like
And right now it's a steel knife in my windpipe
I can't breathe but I still fight while I can fight
As long as the wrong feels right it's like I'm in flight
High off her love, drunk from my hate, it's like I'm huffin' paint
And I love it the more I suffer, I suffocate
And right before I'm about to drown, she resuscitates me, she f**kin' hates me
And I love it, "wait, where you goin'?"
"I'm leavin' you," "no you ain't come back"
We're runnin' right back, here we go again
So insane, cause when it's goin' good it's goin' great
I'm superman with the wind in his back, she's Lois Lane
But when it's bad it's awful, I feel so ashamed I snap
Whose that dude? I don't even know his name
I laid hands on her
I never stoop so low again
I guess I don't know my own strength

[Chorus]

[Eminem - Verse 2]
You ever love somebody so much you can barely breathe
When you with em you meet and neither one of you even know what hit em
Got that warm fuzzy feeling
Yeah them chills used to get em
Now you're getting f**kin' sick of lookin' at em
You swore you'd never hit em, never do nothin' to hurt em
Now you're in each other's face spewin' venom in your words when you spit em
You push pull each other's hair
Scratch claw hit em throw em down pin em
So lost in the moments when you're in em
It's the face that's the culprit, controls you both
So they say it's best to go your seperate ways
Guess that they don't know ya
Cause today that was yesterday
Yesterday is over, it's a different day
Sound like broken records playin' over
But you promised her next time you'll show restraint
You don't get another chance
Life is no nintendo game, but you lied again
Now you get to watch her leave out the window
Guess that's why they call it window pane

[Chorus]

[Eminem - Verse 3]
Now I know we said things, did things, that we didn't mean
And we fall back into the same patterns, same routine
But your temper's just as bad as mine is, you're the same as me
When it comes to love you're just as blinded
Baby please come back, it wasn't you, baby it was me
Maybe our relationship isn't as crazy as it seems
Maybe that's what happens when a tornado meets a volcano
All I know is I love you too much to walk away though
Come inside, pick up the bags off the sidewalk
Don't you hear sincerity in my voice when I talk?
Told you this is my fault, look me in the eyeball
Next time I'm pissed I'll aim my fist at the drywall
Next time there won't be no next time
I apologize even though I know it's lies
I'm tired of the games I just want her back
I know I'm a liar if she ever tries to f**kin' leave again
I'ma tie her to the bed and set this house on fire

[Chorus]
[End]

More lyrics: http://www.lyricsmode.com/lyrics/e/eminem/#share


************************************************************

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
 ・8/15 ハーレムウィーク特別ツアー
 ・9/19 アフリカンアメリカン・パレード特別ツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


●詳細はここをクリック


************************************************************
↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 15:37
-, -
ヒップホップ〜異次元世界(だけど現実の反映)
先日、BETアワードの再放送を見るともなしに見ていると、息子のほうが熱中していた。エミネムの「Not Afraid」はかっこいいと思ったようで、いきなり物マネし始めたり。白人だからダサいとか、そういう偏った人種意識はまだないからだ。基本的にヒップホップは、ほぼ何でも好きななのだ。


その息子が言った。「どうして皆、悪い言葉を使うの?」


カースワードは消却されているけれど、6歳児には「悪い言葉」と教えてある、たとえて言うなら「アホ・バカ・マヌケ」程度の言葉は出て来る。それを私以上にちゃんと聞き取っているのだ。


「うーん、そうねぇ、良くないことだけど、それがかっこいいと思ってるのよ」と、事実を説明。その後、これは結構ディープな質問だなぁと、改めて思った。「カースワードだらけのリリックがなぜウケるのか?」


これは言葉に限らず、黒人ゲットーに於けるライフスタイル全般に言えることで、非常に特殊なものに発達してしまっている。ハーレムに10年以上も暮すとそれがフツーに見えてしまうのだけれど、一歩引いてみると、いやはや、なかなか尋常じゃないものがたくさんあって、それをエンターテイメントとして可視化・可聴化したのがギャングスタ・ラップ。


50 cent
リック・ロス vs.50セント
共に30代半ばでビーフ中。いい歳した大人なんだからケンカは止めましょう。
リック・ロスの首飾り(笑)は半端じゃないけれど、よく考えたら 50セントも35歳で万年野球帽かぁ。しかも防弾チョッキ着用って。



仕事でブラックミュージック系のニュースをチェックするのだけれど、20万ドルのゴールドチェーンだとか、誰と誰がビーフ中だとか、別れた相手の名前のタトゥー消去場面を公開するとか、ラッパー(つまり、一応は世間に名の知れた芸能人)同士で強盗し合うとか、息子の誕生パーティーに巨額を使うとか、あと基本のカースワードてんこ盛り喋りとか……


こういう尋常じゃないことを、ゲットー出身者として「こういうことをやりたい/思わずやってしまう」から実践している場合と、芸能人としてのプロモーションとして行っている場合がある。プロモーションとして考えた場合は、時に感心してしまう。誰かを大した根拠もなく非難してビーフを起こし、メディアやツイッターで喧伝し、それが曲の売り上げにつながるのだ。というか、それがプロモーションになってしまう世界の特殊さ。


* * * * * * * * * * * 


2〜3日前のニューヨーク・タイムズに面白い記事があった。ストリートでの警察による不審尋問の件数が、他の都市と比べてニューヨークはかなり多く、果たしてそれは治安維持に効果があるのか否かという内容。


ハーレムももちろん不審尋問数トップレベルな地区なのだけれど、ちょっと笑えたのが「不振尋問→逮捕に至る件数が他地区の2倍」というデータ。大方は不審尋問されてもポケットから何も出て来ず、無罪放免となるところを、ハーレムのブラザーたちはかなりの率で違法なモノを所持、逮捕されている。メインストリートなどNYPDの重点地区に指定されているので警官だらけ。なのに平気で銃やドラッグを持ち歩く、そのメンタリティとは??? これがキーなのかも。そして、それを戯画化したのがギャングスタ・ラップおよびギャングスタ・ラッパーなわけだ。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************


author:堂本かおる, category:Hip Hop, 01:02
-, -
気温103度だ、まいったか。暑い!
ニューヨークは熱波到来で気温103度。と言っても華氏103度 = 摂氏40度なので、プールの水が沸騰しているわけではないです。それでも暑いことに変わりはなく、本日のブロンクス、消火栓から水が吹き出しまくり。


文字通りの炎天下、消火栓を開けて洗車している法律違反、モラル違反の親父もいましたが。親父、消火栓の2メートル後方でタイヤを洗ったあと、洗剤を洗い流すためにソロソロと運転して消火栓まで移動し、タイヤはすっきりピカピカ。いかにもやり慣れているって感じ。


今日はグラフィティ絡みの仕事でブロンクスだったのですが、暑過ぎて、道行く人も皆、動きがスロー。きっと1年で最も犯罪の少ない日(笑)。だって誰も悪いことできないから、これほど暑いと。ピース、ピース。


今夜、電力過使用で停電にならないことを切に願います。


103度の陽射しが降り注ぐ。
Da Bakery
スプレー缶、気温高過ぎて爆発するかも?



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 08:51
-, -
グラフィティ・アーティスト Shiro 個展 in The Bronx
日本のフィメール・グラフィティ・アーティスト Shiro の個展のオープニング。写真には写っていないけれど、一般のグラフィティ・ファンに混じって「グラフ界の化石」と呼ばれる御大の方たちもお出ででした。すごいね、Shiroちゃん。個展は7月いっぱい続くので、ブロンクスツアーに参加いただけると、自動的に観ていただけます。

Shiro

Shiro


さてさて、ブロンクスです。7月4日の独立記念日をはさんで4連休なので、金曜午後のブロンクスは既にホリデー気分満開。道を歩いていると「チキータ」とか言われます。地下鉄に乗るとギター弾きの親父に「チャイニーズ」と呼ばれます。


このラティーノのエレキギター弾きの親父、いつもブロンクス〜ハーレム間の地下鉄にいて、車両内の乗客を一人ずつネタにして笑いを取り、チップを稼ごうと目論む。たまに白人が乗っていると、必ずやられてます。「そこのホワイトのレディー、そうそう、ブルーのシャツの君〜♪」とか。ブロンクスの地下鉄の中で、ただでさえ目立っている白人さんは、これをやられると非常に居心地悪そう。


ブロンクスではやはり珍しい存在=アジア系の私は、これまでは運良く親父の視界に入らなかったようでダシにされたことはなかった。けれど今日はとうとうやられてしまい、そう、予想どおりの展開。


「あの帽子をかぶったチャーニーズさんの歌を歌ってしんぜよう(転調)カンフーファイティング! カンフーファイティング!」


あまりに手垢のついたステレオタイプ。ほとんど誰も笑わなかったですね、つまんなさ過ぎて。なので親父は30代くらいの黒人女性にシフトして、彼女を勝手に「シャニークワ」と呼んで即興で歌った。シャニークワって、今20〜30代くらいの黒人女性にとても多い名前で、これも一種のステレオタイプ。親父、もっと精進せんとね。ま、それでも今日はホリデーご祝儀なのか、チップもらってたけど。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 16:05
-, -
PR:夏のグラフィティ・イベント by Shiro
YOU GO GIRL! GO, GO and GO!!

Shiro

Shiro


ニューヨーク滞在中のグラフィティ・アーティスト Shiro は今回も活発です。
7月2日にブロンクスの Da Bakery での個展オープニングパーティに続き、
7月4日(独立記念日)はブルックリン・ウィリアムズバーグでのアート・フェス Yume Fest BK-NY でライブ・アート・パフォーマンス!


Da Bakery での個展オープニングパーティ

グラフィティ・アーティスト Shiro 公式サイト


夏の夜にGO!!



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー
7月2日:グラフィティ展オープニング・パーティ付き特別ツアー

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック


************************************************************
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 16:21
-, -
PR:ブロンクスツアー/グラフィティ展オープニングパーティ
SHIRO

サウスブロンクス(ヒップホップ)ウォーキング・ツアー特別バージョン
 グラフィティ・アーティスト Shiro エキシビション・オープニングレセプション



日本が世界に誇るフィメール・グラフィティ・アーティスト Shiro が、ブロンクスにあるグラフィティ・ショップ&ギャラリー Da Bakery にて個展 "グラフィティ デライト" を開きます。私の主宰するブロンクス・ウォ−キングツアーでは、7月2日に個展オープニング・レセプションを含むスペシャル・バージョンのツアーを催行します。

サウスブロンクスのストリートを歩き、グラフィティもたっぷり鑑賞。最後にグラフィティ・ショップでオープニング・レセプションに参加します。

当日はショップに DJが入り、アーティストの Shiro、ショップのオーナーであり、自身も著名なグラフィティ・アーティストである Sen2 (ex TATS CRU), Beond にも会えます! 皆、アーティステックで、しかもストリートのエネルギーがいっぱい! ボジティブにインスパイアされること請け合いです。


単独ではなかなか歩けないサウスブロンクスを体感するチャンス! お申し込みは以下のツアーサイトよりお願いします。集合場所など詳細はお申し込みいただいた方にお知らせいたします。

2010年7月2日(金)
集合 @ マンハッタン + ブロンクス散策 + レセプション参加
4:30pm -7:30pm
1名さま50ドル


★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー


グラフィティ・アーティスト Shiro 公式サイト
※エキシビションは7月30日まで開催

ダ・ベーカリー スライドショー New York Times




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 07:34
-, -
エミネム Not Afraid ビデオ(有効なリンクに張り替えました)
有効なリンクに張り替えました。消えてしまったバージョンのほうが好きかもですが、あれは何だったのかな。いずれにせよ、この人はやはり凄い。

エミネムは過去10年間に最もアルバムを売ったアーティスト。ヒップホップに限らず、全てのジャンルを通して。この人はそれに価するとは思うのだけれど、黒人が生み出したヒップホップにおいて白人であるエミネムが……と考えると、アメリカ社会の構造をちょっと考えてしまう。

ちなみに以下の曲は、ドラッグから抜け出すことを自分自身やファンに誓う内容。コーラス部分は驚くほどストレートなリリックで、驚いた。日本語だと、ちょっと引いてしまうほど。

オレは立ち上がることを恐れてはいない
皆、ここに来てオレの手を取れ
オレたちはこの道を共に歩く、嵐の中を
暑かろうが、寒かろうが
君は孤独じゃないってことを知って欲しい
Hola,もし君がオレと同じ道を辿って落ち込んでいるとしたら




Eminem - Not Afraid


(Chorus)

I’m not afraid to take a stand
Everybody come take my hand
We’ll walk this road together, through the storm
Whatever weather, cold or warm
Just let you know that, you’re not alone
Hola if you feel that you’ve been down the same road

(Intro)

Yeah, It’s been a ride…
I guess i had to go to that place to get to this one
Now some of you might still be in that place
If you’re trying to get out, just follow me
I’ll get you there
You can try and read my lyrics off of this paper before I lay ‘em
But you won’t take the sting out these words before I say ‘em
Cause ain’t no way I’m let you stop me from causing mayhem
When I say ‘em or do something I do it, I don’t give a damn
What you think, I’m doing this for me, so f-ck the world
Feed it beans, it’s gassed up, if a thing’s stopping me
I’mma be what I set out to be, without a doubt undoubtedly
And all those who look down on me I’m tearing down your balcony
No if ands or buts don’t try to ask him why or how can he
From Infinite down to the last Relapse album he’s still sh-t and
Whether he’s on salary, paid hourly
Until he bows out or he sh-t’s his bowels out of him
Whichever comes first, for better or worse
He’s married to the game, like a f-ck you for Christmas
His gift is a curse, forget the earth he’s got the urge
To pull his d-ck from the dirt and f-ck the whole Universe

(Chorus)

Ok quit playin’ with the scissors and sh-t, and cut the crap
I shouldn’t have to rhyme these words in the rhythm for you to know it’s a rap
You said you was king, you lied through your teeth
For that f-ck your feelings, instead of getting crowned you’re getting capped
And to the fans, I’ll never let you down again, I’m back
I promise to never go back on that promise, in fact
Let’s be honest, that last Relapse CD was “ehhhh”
Perhaps I ran them accents into the ground
Relax, I ain’t going back to that now
All I’m tryna say is get back, click-clack BLAOW
Cause I ain’t playin’ around
There’s a game called circle and I don’t know how
I’m way too up to back down
But I think I’m still tryna figure this crap out
Thought I had it mapped out but I guess I didn’t
This f-cking black cloud’s still follow’s me around
But it’s time to exercise these demons
These motherfu-kers are doing jumping jacks now!

(Chorus)

(Bridge)

And I just can’t keep living this way
So starting today, I’m breaking out of this cage
I’m standing up, Imma face my demons
I’m manning up, Imma hold my ground
I’ve had enough, now I’m so fed up
Time to put my life back together right now
It was my decision to get clean, I did it for me
Admittedly I probably did it subliminally for you
So I could come back a brand new me, you helped see me through
And don’t even realise what you did, believe me you
I been through the ringer, but they can do little to the middle finger
I think I got a tear in my eye, I feel like the king of
My World, haters can make like bees with no stingers, and drop dead
No more beef flingers, no more drama from now on, I promise
To focus solely on handling my responsibility’s as a father

So I solemnly swear to always treat this roof like my daughters and raise it
You couldn’t lift a single shingle on it
Cause the way I feel, I’m strong enough to go to the club
Or the corner pub and lift the whole liquor counter up
Cause I’m raising the bar, I shoot for the moon
But I’m too busy gazing at stars, I feel amazing and

(Chorus)

I’m not afraid to take a stand
Everybody come take my hand
We’ll walk this road together, through the storm
Whatever weather, cold or warm
Just let you know that, you’re not alone
Holla if you feel that you’ve been down the same road



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

*************************************************************

★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック


*************************************************************
author:堂本かおる, category:Hip Hop, 19:07
-, -
PR: アート展示会 + Tシャツ販売 in ロウワーイーストサイド
4
Art by Shiro(左)

3

2

1

マンハッタンのロウワーイーストサイドで開かれているエキシビションに行ってきた。6人のアーティストの作品展示と、作品をプリントしたアパレル(Tシャツ、タンクトップ、フーディー)の販売をセットにしたもの。

参加アーティストは、私も以前、雑誌でインタビューさせてもらった、世界規模で活動する日本人フィメール・グラフィティ・アーティスト Shiro と、他に 14blot / Billi Kid / David Cooper / The Dude Company / Sofia Maldonado

Public Works Department
45 Orchard Street Bet. Grand & Hester Sts.
New York, NY 10002
月〜金 10am - 6pm
土日 12 noon - 6 pm
5/15〜6/15

http://www.publicworksdept.com/
↑ウエブサイトは製作中


Shiro ちゃんは本当にたいしたもんです。
夏にブロンクスで個展を開くので、またお知らせします。
グラフィティ・アーティスト Shiro 公式サイト




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:Hip Hop, 00:02
-, -