RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
妊婦を見殺しにし、自分も射殺される。
ニューヨークだからこそ起こり得るのか……と思える事件。前回に書いた酸素吸入強盗以上に驚く事件。


去年の12月、オーボンパンというベーカリーカフェで、妊娠6ヶ月の女性が喘息の発作と思われる症状で苦しみ出した。カフェには偶然、休憩中の救急隊員2人がいた。周囲から助けを求められた2人は、なんと「救急車を呼べ」と言ってカフェを後にした。実際には救急隊員の女性のほうが自分の携帯で救急車を呼んだが、妊婦は亡くなり、2時間後に胎児も死亡。


2人は、カフェの上階にある救急コールセンターでデスパッチャー(救急の電話を取る職員)をしていたジェイソン・グリーン(32歳)と、メリッサ・ジャクソン(23歳)。2人は同僚であり、恋人同士でもあった。


デスパッチャーは患者に医療を施してはならないと定められている。救急医療が施せない以上、実はその場にいても2人に出来ることはなかった。それでも救急隊員の制服を着ている以上、世間は2人が立ち去ったことを許さなかった。いや、それよりも、人として発作に苦しんでいる人間を置き去りにしたことに人々は怒ったように思える。


この事件は大きく報道されて2人に対する大きな非難の声が上がり、2人は1ヶ月間、無給の停職、その後はデスクワークに回された。


あれから7ヶ月。
一昨日、デスパッチャーのジェイソン・グリーンが死んだ。


グリーンはクラブに出掛けた際、クラブの表で他の男と揉め事を起こし、撃たれてしまったのだ。


世間では「妊婦の家族による報復説」と「カルマ説」がまことしやかに語られている。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************







author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 16:51
-, -
ギャングスタなんかメじゃない。酸素吸入+ツエをついた強盗(実話)
今月の初め、マンハッタンの高級紳士服店に酸素吸入タンク持参+ツエをついた老人が強盗として押し入った。酸素吸入チューブを鼻に装着し、でも、ちゃんと銃も持っていて、客に向かって「これが喰らいたいか!」と言って3発発射。幸いにも誰にも当たらず、しかし、なぜか金も強奪できずに店を出て、待機していたピカピカのキャデラックに乗って逃走。……すごい爺さん。


その強盗が一昨日、メリーランド州で死んだ。


ニューヨークを後にしてメリーランドに行った爺さん、いきなりモーテル2軒を強盗。(酸素吸入はしていなかったそうだ・笑)それを通報されてパトカーに追跡され、カーチェイスの挙げ句に運転を誤って事故り、死亡。……すごい人生。


そのニュースを見たハーレムの知人が驚いた。爺さんが死ぬ2日前に、アパートでその爺さんを見掛けたと言うのだ。同じアパートの他所の家に「親戚」と称して来ていたらしい。称していたというより本当に親戚なのだろう。親族に逮捕歴のある人間は皆無という家、少ないし。


これもニュースによると実は63歳で、今どきの63歳、特に黒人は若く見えるので全然、年寄りではない。けれど爺さんを見た知人によると、70代の老人、しかも病気に見えたそうだ。そんなコンディションでも強盗3連発。犯罪者人生を全うしたわけだ。……すごい根性。


ところで、酸素吸入強盗はこの爺さんだけではなく、カリフォルニアにも一人いるらしい。監視カメラに写った姿を見る限り、やはり70代くらい。去年の秋から10件以上もの銀行強盗を働き、いまだにつかまっていないのだ!


ここまで来ると、そのへんのギャングスタ・ラッパーなど、まるでひよっこか。ビギーや2パックよりも、こんな人物の伝記映画が見てみたい。他人に脅威を与えることで人生が成り立っているわけで迷惑千万だけど、もう誰も何もしようがないし、本人も今さら更生するつもりはさらさら無いのだろうし。ふーむ。


……でも、酸素吸入って、それだけで身元がバレそうな気もするけど。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 14:41
-, -
ニューヨーク vs. ニューアーク
ジェイ・Z/アリシア・キーズ「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」のパロディ「ニューアーク・ステイト・オブ・マインド」 めちゃくちゃ笑えます。オリジナルにかなり忠実なところが、また凄い。

ニューアークはニューヨーク州の隣りのニュージャージー州にある都市。
なかなかキテいる都市で、このビデオはかなりキツい自虐ギャグ。


Coory Bookerニューアークの立て直しに死ぬ気で打ち込んでいるコーリー・ブッカー市長にはたまらん内容でしょう。(この人、近い将来、必ず中央政界に出る。すでにオバマと仲いいし、要注目。)



Empire State of Mind こちらオリジナル

ニューヨークに関する記事を書こうとしていて、改めて思ったこと。
ニューヨーク、やはり「かっこよく」作れてしまうワケです。それが虚実ない交ぜであるにせよ。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 18:16
-, -
タバコ 11ドル in ニューヨーク
ニューヨークは相変わらず景気の悪い話ばかりだけれど、14日に書いた地下鉄の学生無料パスが無くなるという件、高校生たちのがんばりが実ってか、続行する模様。やはりアクションを起こすことは大切なのだと再認識。

6/14 ニューヨークの貧困に高校生、立ち上がる!


とはいえ、ニューヨーク市もニューヨーク州も無い袖は触れないわけで、予算カットの嵐・嵐・嵐。9月の学校新年度からは、ますます大変なことになりそう。学童保育1,200万ドルを含む青少年関連4,000万ドルカットって。


こういった行政サービスが無くなると中流層や低所得層には直撃パンチとなる。貧困が進む。人心が荒れる。コミュニティの荒廃が進む。


……なんか暗くなってしまったので、ばりばり不人気のパターソン・ニューヨーク州知事、ひさびさの快挙を。すでにえらく高い州のタバコ税を、7月よりさらに1.60ドル上げるそうな。ニューヨーカーは市税も払わなければならないので、今はミッドタウンで10ドルくらい、ハーレムだとまだ8.50〜9.50ドル程度のタバコが、確実にどこでも10ドルを超えることになる。その10ドルのうち、5.85ドルが税金だと。税金を吸っているも同然か。


ハーレムのストリートで違法の半額タバコを売っているみなさんは、ことさらにハッピーでしょう、このニュース。


* * * * * * * * * 


全然関係ないけれど、メキシコ湾の原油流出問題、アメリカでは今も一大事として連日、揉めに揉めている。環境にとってだけではなく、オバマにとっても絶体絶命のピンチ。景気問題からティーパーティー・ムーブメントが起こってしまい、どうなることかと見守っていたけれど、この件で再選は断たれてしまったかも。いや、まだあと2年あるさ。


いずれにせよ、BPのCEOはどうにもならないヒトらしく、失言、失態の連続。そんなCEO氏、アメリカでの半泣き公聴会風景、全然どうでもいいんだけれど、背後のビデオグラファーが意味なく気になりました。意味、全然ありませんが。
BP



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー
7月2日:グラフィティ展オープニング・パーティ付き特別ツアー

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック


************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 15:46
-, -
ニューヨークの貧困に高校生、立ち上がる!
STUDENT METROCARD
中高生用無料メトロカード


アメリカおよびニューヨークの不況というか、貧困転落に歯止めがきかない。それは教育面にも大打撃を与えている。教師と教員補助はどんどん解雇され、市長はさらに4,000人を首切り宣言。これはさすがに揉めて、「解雇しないけど、2年間昇給なしよ」で落ち着いた模様。


そして今度は通学定期。今、小中高生には無料の地下鉄&バス乗車券(メトロカード)が支給されている。それを無くしてしまうというのだ。


そうなると親はもっとも割引率の高い月間メトロカード(89ドル)を自前で購入することになる。ややこしいから1ドル=100円で書くけれど、8,900円、もし子どもが2人いれば18,800円の出費増となり、低所得家庭だと、これは生活を根底からおびやかす金額。ニューヨークには平均世帯年間所得200万円というエリアもある。しかも地下鉄は毎年のように値上がりしているし。


月間カードが買えない家庭は必ず出てくる。すると月間カードより安くても割引率の低いカードを1週間、または2週間ごとにチマチマと買ったり、最悪の場合2.25ドル(225円)の1回乗車券を買わざるを得ないケースもあり得るだろう。結果的に余計な金額をつぎ込むことになるにもかかわらず。さらには「地下鉄に乗れない=不登校」も続出するだろう。


だから有志の高校生1000人は先週の木曜日、正午に学校をウォークアウト(抜け出す)し、市庁舎で反対デモを行った。午前中に学校を抜け出すと、目的地に向かう途中でサボりの生徒と間違われて警官に補導される可能性があるので午後に行ったという。


このデモによって無料メトロカードの廃止が考え直されるかは分からない。けれど高校生にしてこの行動力、組織力。これがアメリカのアメリカたる所以だと思う。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー
7月2日:グラフィティ展オープニング・パーティ付き特別ツアー

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック


************************************************************

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 15:38
-, -
宣伝:NYストリートアート〜フリーペーパーHHI
HHI

フリーペーパー HIP HOP INSIDER 2010年6月号(6/10配布)
Click:配布店のリストもあります



連載コラム「Street Smart from NYC」、今回はニューヨークのストリートアートのスナップ集です。媒体が "HIP HOP INSIDER" ということで、敢えてグラフィティは外して(笑)、そうじゃないタイプのストリートアートをハーレムからロウアーイーストサイドまで走り回って写真を撮りまくりました。全国のレコード店などで入手できますです。

Tats Cru
工事現場の壁は、超有名グラフィティ・ユニット TATS CRU が予約済み。早く描いてください(笑)。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ブロンクス HIP HOP ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック


************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 13:37
-, -
イーストハーレムで3人刺される。しかし。
一昨日、イーストハーレムの駅でナイフ沙汰があった。朝の5時にある男が、他の男性が手にしていた20ドル札をひったくろうとし、その騒ぎを止めようとした2人の通行人も含めて3人を刺し、逃走。


あの駅周辺はジャンキーだらけで、今回の事件もドラッグを買う金が目当てだったのではないかな。そうでなければ、他人が手に持つ紙幣をひったくるなんて大胆なことはできない。


そして昨日、ブロンクスに向かうためにその駅に行く。ところが時間を気にしていたこともあり、前日に起きた事件のことはすっかり忘れていた。あとになって思い出し、「日本にいた頃なら、ナイフ事件のあった駅に行くなんてドキドキものだっただろうな」と思った。それだけニューヨークには事件が多いということか。


あまり記憶に残っていなかったもうひとつの理由は、事件現場がイーストハーレムだったこと。私が住んでいるのはセントラルハーレムで、ふたつの街は隣り合っていて徒歩でも行き来できる距離とはいえ、別のコミュニティ。ニューヨークは街ごとに住人の人種・エスニック・所得が全く異なるので、起こる事件の内容・原因、そして事件の頻度も変わる。だから「隣町」は距離的には近くても、心理的には離れているように感じる。なので私の場合、セントラルハーレムで起きた事件なら自然と敏感になってしまうけれど、それ以外は流してしまうことが多い。


そういえば昨夜、友人もクイーンズ区内をテクテク歩いていたら、歩くに従って通行人の顔立ちが中東系、南アジア系(インド、パキスタンなど)、東アジア系(中国、韓国など)とどんどん変わり、なかなか壮観だったと言っていた。


国勢調査では上記すべてまとめて「アジア系」に分類されるわけだけれど、誰が見ても全く違うグループなわけで。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 02:48
-, -
嗚呼、ブロンクス。100万カロリーと「ガッコ、行けよ」
ブロンクスの最果ての地で、あるミーティングに参加予定。9時に家を出て、1時間かけて辿り着く。ミーティング中に飲もうと、事務所の隣りにあるマクドナルドでコーヒーを買い、受付へ。すると「ミーティングはキャンセル。ごめんなさいね」と言われる。仕方ないので買ったばかりのコーヒーを持ってマクドナルドに戻り、そこで飲む。


朝の10時。恰幅のいい、若い黒人女性がビッグ・ブレックファスト(日本ではおそらく発売されていないであろう、100万カロリーのメニュー)+ホイップクリームてんこ盛りのアイスモカ。


隣りのテーブルでは、男前ラティーノの高校生が一人でホットケーキ。学校に行く前の朝食か、それともすでに学校を抜け出してきてのブランチか。


やれやれと思いつつ、地下鉄に乗る。プエルトリコ系、メキシコ系、アフリカン・アメリカン、アフリカン、東アジア系、インド系……いろんな人が乗っている。この辺りは素晴らしく人種のミックスしたゲットーなのだ。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 04:47
-, -
黒人のホームレスと弁護士 in チャイナタウン
マンハッタンのチャイナタウンは留まるところを知らず、拡張を続けている。リトルイタリーがチャイナタウンに呑み込まれてしまったことは知られているけれど、ロウワーイーストサイドもすでに半ば中華化。それに伴って、観光客のあまり来ない奥まったエリアにもフツーにおしゃれっぽいカフェ(看板中国語)なんかが、地元民向けに増えている。

china town
ま、こんな店もまだ健在だけど。


ところで、メインストリートを歩いていると、黒人の中年男性のホームレスがいた。「コミュニティが崩壊されて……」とか何とか一人で喋っていた。彼の言うコミュニティとは、もちろん黒人社会のこと。それをチャイナタウンで訴えてもなぁ……。でも、ちょっと頭のおかしくなってしまったホームレスの話など、黒人コミュニティでも誰も聞かないから、どこで喋っても同じことかも。


そのホームレスを「やれやれ」といった顔付きで見ていたのが、側にいた若い黒人警官。その脇を、いかにも弁護士風の50代くらいの黒人男性が、やはり弁護士っぽい白人男性と話しながら通り過ぎていった。(弁護士事務所の多いウォール街とチャイナタウンは近い)


今どき、「黒人は……」なんて一括りでは語れないの図が、チャイナタウンにすら展開していたのだった。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック



author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 11:09
-, -
ニューヨークに里子、16,000人
ニューヨーク市には現在、16,000人の里子がいる。
その圧倒的多数が黒人とラティーノ。

家庭に児童福祉局の捜査が入る理由は

育児遺棄  58%
肉体的虐待 13%
教育的虐待 9%
医療の欠落 3%
性的虐待  2%
精神的虐待 1%
その他   14%


不況のために里親になる人が減っている。
市から少々の養育費は出るものの、まったくの少額で、
「物価高のニューヨークで、しかも不況の今、この金額でどうやって子育て出来るの?!」
というのが理由。

児童福祉局の里親募集ポスター
2-23

1-24





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 15:25
-, -