RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ハイチへ自衛隊の緊急医療援助が出発。なんで今日?
「21日にハイチへ自衛隊の緊急医療援助が出発」というニュースを読んだ。
地震発生は12日。なんで8日もかかるのだ?


いや、いくら遅れても行くのは良いこと(当たり前のこと)なんだけど、過去8日間に治療が間に合わずに死んだ人、現場の判断ミスで手足を切断された人、結果的に障害が残ってしまう人がかなりの数にのぼる。


ハイチに向けて出発する自衛隊の緊急医療援助隊の写真
↑ここにもナゾが。
 背後の見送りの自衛隊員は拍手をしている? なんで?
 支援が「当たり前」じゃなくて、「晴れの舞台」だから拍手が出るのだと思う。


 基本的に、なんか違うと思うのですが。


日本赤十字社 ハイチへの支援金 寄付



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 08:56
-, -
ハイチ、地震から10日
昨日、ハーレムで働くハイチ人の知人に会った。ハイチの家族親族とは、まだ連絡が取れていないと言う。彼の上司がハイチに持っている家もつぶれたけれど、家族は外出していて助かったそう。そんなことを淡々と語りながら、知人は、ごく普通に仕事をしていた。


映像:ハイチ 地震から1週間 TIMES MAGAZINE


日本赤十字社 ハイチへの支援金 寄付


ウィキペディア「ハイチ地震」




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 23:34
-, -
ハイチの今。養子の今後。
CNN ハイチ地震報道写真
かなり強烈です。


日本赤十字社 ハイチへの支援金 寄付はここからできます



ワイクリフ・ジョン主宰イェレ・ハイチ公式サイト
ここから寄付できます(英語)

結局、ここに追加の寄付をしてしまったワタシ。
がんばれ、ワイクリフ!



アメリカ移民局は、ハイチからの養子へのビザ発給をスピード化すると発表。ただし、すでに養子手続きの最終プロセスに入っているケースが対象で、プロセス初期段階(養親の審査が未終了、特定の子供とのマッチングがまだ)のケースは当てはまらない。さらにハイチの孤児は安全確保のため、いったん隣国のドミニカ共和国へ移すそうなので、新規の申し込みには手間取るはず。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック


author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 18:03
-, -
ワイクリフ、糾弾されて男泣き。
一昨日に書いた、ワイクリフのハイチ支援団体の寄付金着服疑惑問題。
それを釈明するワイクリフの記者会見。


ハイチでは死体を集め、けれど安置所も墓地もいっぱいで収容してもらえるところが無かったと話している。


自分がどれほど自分の国を愛しているか、それを証明するために、1996年にフージーズがグラミー賞を受賞した時、「ハイチの旗を持たずして受賞ステージには立たない」としたエピソードを語っている。(彼がハイチの大きな旗を身体にまとってステージに現れたことを覚えている。)


それからハイチのパスポートとグリーンカード(米国永住権カード)をポケットから取り出して見せた。



9歳でアメリカに移住した彼が、アメリカ市民権を取っていなかったとは知らなかった。(何十年住んでも敢えて取らない人、取りたくても取れない人の両方がいるので、ワイクリフがどちらかは不明。)


「自分が設立したイェレ・ハイチは今回の地震に際して作ったものではない。ずっと国を支援してきた。今回、メディアが報道を止めた後もずっと支援を続ける」


最後に「ハイチの人々が見ているから、クリオール語で話さなければならない」と言った後、涙。涙。涙。


このビデオには含まれていない部分で、ワイクリフは「(運営上の)間違いは犯した。しかし、個人による着服はしていない」と明言している。


さて。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 11:32
-, -
ハイチからの養子(めちゃくちゃキュート!)
adoption
'He's our son, and we want him to live'
photo: Jean Griffith, Ross Haskell and Alexadner
↑この赤ちゃんは、まだハイチの崩壊した孤児院に留まっている
 写真は、養親候補の夫婦がハイチを訪れた時のもの


ハイチはますます治安が悪化している模様。そんな中、嬉しかったニュ−ス:今日、ハイチの孤児院から6人の子供がアメリカへ養子としてやってきたこと。


それぞれの養親希望者は昨年から養子の手続きを始め、何度もハイチの孤児院を訪れては子供と会い、すべてのプロセスが完了するのを待っていたところに地震が起きた。当然、養子の手続きどころではなくなり、いつになったら子供を引き取れるのかと心配していたところ、予想に反してスピード進展、軍用機に乗せられての緊急渡米となった。その理由は「子供たちの命を救うため」。


ハイチには今回の地震で新たに孤児となった子供も多いはず。その子たちを、迅速に海外養子に出すシステムが整わないものか。本来ならハイチで生まれた子はハイチで育つべきだし、白人が黒人の子供を引き取ることには今も議論がある。けれど、今のハイチにいきなり増えた孤児を育てる余地はないと思う。孤児院自体が崩壊し、水も食料もなく、当座の混乱が収まっても孤児院が再建できるか、まったく不明なのだから。


もちろん養親の身元を確かめる作業が必要で、「ください」「どうぞ」と言う訳にはいかない。しかも子供たちは祖国を離れ、血のつながった親族のいない外国で育っていくのだ。その子が少なくとも成人するまで、きちんと育てられる養親を見極める必要がある。(そういえば、トム・クルーズとニコール・キッドマンは海外養子をもらった後に離婚したような。)


そうそう、この養子のニュースを伝えるリポーターが、やたらと嬉しそうだった。「子供たちは空港で、見るもの聞くもの珍しくて、大きく目を見開いてました!!」と。きっと過去数日、これ以上はないという悲惨な状況を見続けたから、これから幸せになるであろう(そう願う)子供たちを見て心底ホッとし、興奮もしたのだと思う。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 17:47
-, -
ワイクリフ、寄付金を着服?
いったんハイチからニューヨークに戻って来たワイクリフ・ジョンを待っていたのは、寄付金着服疑惑だった。すでに200万ドルを集めていると言われている今回の地震に対する寄付金ではなく、ワイクリフがハイチ支援のために設立したNGO、イェレ・ハイチの過去の経費が問題とされている。他のNGOに比べて経費が異常に多く、中にはワイクリフのチャリティ・イベントへの出演料も含まれているらしい。


土曜日、ワイクリフは疑惑に対する声明を YouTube にて発表。(英語)
ハイチから戻ったばかりで疲労困憊、そこへこのショックな疑惑。



疑惑の出所は、www.thesmokinggun.com/ というサイト。社会の疑惑を、公式書類を入手し、それを証拠として疑惑を世に問うというサイトで、ワイクリフの件も納税書類をアップしてある。


仮にワイクリフが本当に着服していたとしても、「何もこんな騒動の最中に暴露しなくてもいいではないか。とにもかくにも彼の活躍で多くの被害者に恩恵が施されるのだから」という考え方と、「多くの人が善意で総計200万ドルも寄付しているのだからこそ、その寄付金が着服されないよう、今、暴露する必要がある」という考え方があると思う。


着服がデマにせよ、事実にせよ、いずれにしても残念。私もそっこうでテキストメッセージで5ドル寄付したクチなので。5ドルでは充分ではないので、別途、小切手かクレジットカードで追加の寄付をしようと思っていたのだけれど、さて、イェレ・ハイチを避けて赤十字にするべきか。


ちなみにワイクリフは数日後にまたハイチに戻り、22日(金)に再度ニューヨークに戻り、MTV主宰の「Hope for Haiti」テレソンのホストを務める。LA:ジョージ・クルーニ−、NY:ワイクリフ、ハイチ:アンダーソン・クーパー(CNN)の3次元中継でやるそうだ。日本でもオンエアされるのかな。


そうそう、タイガー・ウッズが破格の300万ドルを寄付しそう。ブランジェリーナですら100万ドルなので、その金額の多さが分かる。名誉挽回のまたとないチャンスか。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 14:58
-, -
ハイチ地震の後、ニューヨークに起こる事。
今日の am New York という新聞に、なんだかイヤなコラムがあった。ハイチ地震の被害者が、こぞってニューヨークのハイチ系コミュニティに押し寄せてくるだろうという予想記事。


そのとおり、それは起こると思う。コラムの筆者も書いているように、それぞれの国で経済の凋落、政治の混乱、天災による被害などが起こって人が暮らせなくなった時に、人間の大移動が始まる。それをずっと引き受けてきたのがニューヨークのような都市なのだ。


今からしばらくしてハイチの混乱状態が収まった後に、アメリカ政府が被害者への短期滞在ビザを出すと思う。国の状況が落ち着くまでの数年間だけ、アメリカに避難できるビザ。以前、火山の大噴火があったカリブ海の国の被災者に発行されていた。


ニューヨークのブルックリンには、本国を除くと世界最大のハイチ系コミュニティがある。(そこに暮らす人たちは今、祖国の親族の安否を確かめようと必死になっている。) 短期ビザを得ることが出来た被災者は、もちろん誰も頼る相手のいない都市には行かず、家族親戚友人の暮らすニューヨークにやってくる。


コラムニストが書いていることは、全て近い将来に起こる。けれどコラムニストの言いたいことは「貧乏な移民はこれ以上ニューヨーク来るな」だった。行間からニュアンスがにじみ出ている、なんてものじゃなくて、ヴードゥーを引き合いに出した冗談で書き出されていて、嫌悪感、丸出しだった。


今のニューヨークを被う不況を考えたら、もちろん「これ以上、移民に来て欲しくない」と思う人も多いと思う。けれど、いつの時代も世界中のあらゆる国からの移民を引き受けて、引き受けて、引き受けて、そうやって成り立ち、個性を育んで来たのがニューヨークという都市なのだ。


そんな都市に住んでいるのだから、移民をイヤがってもしょうがない。運命と思って諦めなさい(笑)。だいたいイヤだろうが何だろうが、すでに世界最大のハイチ・コミュニティが存在するのだ。誰がどうあがいても、来る者は来る。


ただし、被災者の短期ビザが切れた時に問題が起こる。誰であっても数年間、よその土地で暮らせば、そこで就職・結婚・出産といった事態になり、生活の基盤が新しい土地に完全に移ってしまう。そんな時に「ビザが切れました。帰国しなさい」と言われても、帰るに帰れない状況になっている人が必ず出て来る。先に書いた火山被害の国からの移住者にも、そんな問題が起こっていたことを覚えている。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 08:38
-, -
ハイチ 情報リンク
BBC ハイチ現地映像


CNN ハイチ地震報道


イエレ・ハイチ公式サイト
↑ ハイチ出身のワイクリフ・ジョンが主宰するハイチ支援団体
↑ ハイチで救援活動するワイクリフ・ジョンと妻へのインタビューがアップされている。(英語)


ヤフー! ハイチ地震救援金/日本赤十字社す
↑ ここから募金できます。


ウィキペディア「ハイチ地震」
↑ 今回の地震の情報


ウィキペディア「ハイチ」
↑ ハイチとは、こんな国。



ミクシィで「ハイチ」で検索すると、いろいろ出て来る。特に日本在住でハイチ人の配偶者を持つ人たちが、夫が携帯でハイチの家族親族と連絡が取れた場合、ナマの現地情報をアップしている。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 21:04
-, -
ハイチ地震への支援金 死者10万人 ワイクリフ・ジョン
Wyclef Jean
CNNに出演したワイクリフ・ジョン。ハイチの友人との電話中に地震が起き、いきなり通話が途切れたと言う。

12日に起きたハイチでの地震、まだ被害の全容は明らかになっていないとはいえ、大惨事であることは確か。CNNは死者10万人以上と報道。もっともこの数もどの程度正確なのか、まったく不明。


オバマも、大きなハイチコミュニティを抱えるニューヨークの市長も支援表明の記者会見を開いたけれど、今はまだ何をどう支援するべきなのかも分からない段階。なので、一般市民レベルでは現金の寄付が求められている。食料品、飲料水、医薬品が必要なことは分かっていても、その搬送もままらないことが理由。そもそも道路などのインフラが整備されておらず、きっちり仕切る行政の仕組みもない。政治不安も常にあって、だからUNが常駐しているわけで。


ハイチ出身のワイクリフ・ジョンは以前からハイチ支援団体のイエレ・ハイチを運営していて、今回の地震に関しても寄付を募っている。アメリカ国内在住者であれば、テキストメッセージ「YELE」を 501501 に送るだけで5ドルの寄付ができる。海外からはイエレ・ハイチのウエブサイトでクレジットカードによって寄付可能。


■イエレ・ハイチ公式サイト
ここから寄付できます



■CNN ハイチ地震報道






↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ハイチ地震, 11:46
-, -