RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
「アメリカン・ギャングスタ」デンゼル in ハーレム
去年、ハーレムで盛んにロケをしていた映画「アメリカン・ギャングスタ」の予告編が流れ始めている。

デンゼル・ワシントンが、1970年代に実在した大物ドラッグディーラー、フランク・ルーカスを演じる作品。ベトナムで戦死した兵士の棺にドラッグを仕込んで密輸するという大胆な手口を使った強者だ。

ロケ中はデンゼルの1人主役みたいに言われていたけど、広告では刑事役のラッセル・クロウと対になってる。白人の観客も呼び込むためだと思う。白人はブラックムービーをまず観ないので。

American Gangster 1American Gangster 2



「インサイド・マン」でデンゼルの相方刑事を演じたキウェテル・イジョフォーが、今回も似たような感じで出ている。T.I.は若いヒップホップ層を呼ぶために必要だったのでしょうが、フレッシュでいいかな。T.I.ファンより年齢が上で、物事考えてます系の人にはコモンも出てるし。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

トレイラーにあるフランク・ルーカスの決めセリフ「ここは俺の国だ」「This is America」が妙に印象に残る。黒人にとってのアメリカ、白人にとってのアメリカ、移民にとってのアメリカ。それぞれ、かなりディープな意味合いがあるので、監督のリドリー・スコットの解釈に期待したいところです。アメリカでの公開は11月。公式サイト/トレイラー

**************************************************

★ハーレムツアー
黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。
詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$63、学生割引1週間321ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:映画, 05:48
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:48
-, -