RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
子どもの頃からブラックミュージック浸け〜 Halloween に寄せて
今日は息子の学校のハロウィンパーティだった。今年のハロウィン本番は月曜日なのだけれど、学校は大体どこも金曜日に済ませてしまう。


いったん下校した子どもたちはコスチュームに着替えて保護者と一緒に再登校。6時から8時まで体育館にDJを入れて、仮装した子どもたちがひたすら踊り、ホットドッグ、カップケーキ、スウィートポテトパイなどを食べるだけ。学校のイベントなのでトリック・オア・トリートは無し。

Halloween
これは女の子。プリンセスやニッキー・ミナージュになる子が多い中、おっとこ前やなーと思ってぱちり。


毎年、同じことを書いてるような気がするけど、ある種、感動する。5歳、6歳、7歳だけじゃなく、その弟妹のよちよち歩きの子たちまで、皆、「フツー」に踊るのだ。


今日の選曲はカリ・スワッグ・ディストリクト「ティーチ・ミー・ハウ・トゥ・ドギー」、リアーナ「オンリー・ガール(イン・ザ・ワールド)」、リル・ウェイン「ハウ・トゥ・ラブ」、ピットブル「ギブ・ミー・エブリシング」、ウィロウ・スミス「ウィップ・マイ・ヘア」、(後は忘れた) 子どものパーティなのでリリックは安全なものばかり。あと、ここハーレムでは「ハーレム・シェイク」「エレクトリック・スライド」の2曲は必須。


3歳の白雪姫がドギー踊ったり、忍者やてんとう虫やキャプテン・アメリカがピットブルでアゲアゲになったり、全員で「エレクトリック・スライド」を踊ったり。この子たちは生まれる前からお腹の中でこういう音楽を聴いてきているものだから、もう肌に馴染んでいるとしか言いようがない。全員が上手いわけではないのだけれど、上手くてもヘタでもナチュラル、気負いゼロ。これには毎回、本当に驚かされる。(家庭で親子一緒にどんだけBETやMTV観てんだ、という憂慮もあるけど。家で「安全」な曲しか聴いてないとは思えないので)



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

*******************************************************
Boogie Down Bronx

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー

★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

*******************************************************
author:堂本かおる, category:ブラックカルチャー, 14:21
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:21
-, -