RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
NY 公立47校が廃校に!
ニューヨーク市の教育委員会が、またまた「どうしようもないから廃校にする学校」のリストを発表した。今回は過去最大の47校。小学校、中学校、高校を含む。


マンハッタンは7校がリストアップされている。うち2校がセントラル・ハーレム、2校がイースト・ハーレム、1校がウェスト・ハーレム。残り2校のみがミッドタウン。マイノリティ人口の多いブロンクス、ブルックリン、クイーンズではさらに大量の廃校がある。けれどニューヨーク市内で唯一、白人が過半数を超えているスタテン・アイランドでは廃校なし。マイノリティ地区の教育的不憫さがよく分かるリストだ。

※ニューヨーク市は5区(マンハッタン、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタッテンアイランド)から成る


学校の質が低いのにはいろいろな理由があり、単に「生徒の質が悪い」ということではない。経済的に恵まれていない(=家庭教育が行き届かない)地区に限って、学校教育もダメという仕組みが出来上がっているのだ。つまり子どもにとっては内と外からのダブル・ネガティブ・パンチ。(親と先生の両方に子どもへの教育能力がないとどうなるか?→悲惨。ただし、教育能力の欠如は必ずしも愛情の欠如を意味しない。それがまた、コトを複雑にする)


廃校になると、近隣に規模の小さな公立校を作り、生徒を分散させる。チャータースクールを増やす。先生や職員はとうぜん、クビ。だから組合は必死で反対運動。


※チャータースクール=公立校として運営され、授業料は徴収しないが、カリキュラムを民間の教育者や団体に委託するため、私学並みに自由な教育方針を持つ学校。アメリカでは急増中。ニューヨークでは公立学校の質の低い低所得者地区に集中している


アメリカ、何事においてもキビシイ国。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー

★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 05:25
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:25
-, -