RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
30万人の大集会@ワシントンD.C.〜アメリカのルーツとは?
28日にワシントンD.C.のリンカーン・メモリアルで30万人が集う大規模な集会があった。保守派のラジオ・パーソナリティ兼政治コメンテイターのグレン・ベックが主宰し、参加者は<アンチ・オバマ政権><ティーパーティー><保守派><クリスチャン>、そして<白人>。


グレン・ベックは集会の幕開けにこう言った。
今日、アメリカは神に戻り始めます!


ニューヨーク・タイムズが参加者にインタビューをしている。
ある女性は以下のように語ったらしい。
ジーザスは景気刺激パッケージ(Economic Stimulus Package)と
呼ばれる“富の再配分”に賛成しないわ



つまり、この大不況の中、税金を使って貧困層や失業者を支援するべきではないということ。というか、キリストは賛成しないって、どーして知ってるの? 他者の意見を勝手に憶測してはいけません(笑)。


ニュースを見ていると、他の参加者も「アメリカのルーツに戻るべき時」とか。彼らにとっての「アメリカのルーツ」とは一体なんぞや。家族主義で信仰熱心で道徳観をキープし……それは良いのだけれど、マイノリティや貧者を排斥することがビミョ〜に含まれているわけで。そもそも黒人が大統領になったから、この国は崩壊の危機に瀕していると本気で信じているのだろうし。


ちなみに、参加者30万人のほぼ全てが白人だった。


会場周辺の、もっと小さな場所ではキング牧師の「I Have A Dream」演説から47周年を祝う集会もあった。そう、この日は、あの有名な演説がリンカーン・メモリアルで成された日なのだ。こちらはハーレムのアル・シャープトン師が仕切り、参加者は数百人。そのほとんどが黒人。


アル・シャープトンは、キング牧師が演説を行った記念日にその会場でグレン・ベックが集会を開くのは敬意を欠いていると非難。グレン・ベックの反応は、「あ、そうだっけ?」レベルだった。


ま、人それぞれ、自分の関心のないことに目は向かないということで。


何が怖かったと言って、グレン・ベックの集会は白人オンリー、アル・シャープトンの集会は黒人オンリーの図。


この国の人種問題はどこまで根深いのだ。ちなみにラティーノ、アジア系は「白人と黒人、揉めるならお好きにどうぞ。私たちは加担しません」という感じ。実際、この国では白人と黒人の問題に他者はクビを突っ込めない。


ところで、キング牧師の姪がグレン・ベックの集会で演説をするという凄い反則技を披露した。これはいいことだと思う。私個人はグレン・ベック側に賛同できないけれど、黒人は全員、キング牧師側でなければならない、保守派やアンチ・オバマであってはならないというわけではないので。これぞ思想の自由。


そうそう、さらに怖いのは、グレン・ベックが次期大統領選に立候補するのではないかということ。サラ・ペイリンを連れてくるなよ、集会に。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー

 ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。
 ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題まで
 ストリートを歩きながらじっくり解説。

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
 ヒップホップ生誕の地でグラフィティ堪能!

★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

 ラティーノ文化まるごと体感!

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 13:29
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:29
-, -