RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
犯罪、増加中。ニューヨーク。でも超デンジャラスじゃないよ。
ニューヨーク市の犯罪件数

2010年8月8日現在

殺人  320 (昨年同時期 280 14.3%増)
レイプ 794 (昨年同時期 690 15.1%増)
暴行 10,287 (昨年同時期 10,128 1.6%増)
強盗 10,947 (昨年同時期 10,621 3.1%増)
家宅侵入強盗 10,586 (昨年同時期 10,579 0.1%増)


と、今年は昨年に比べて事件が増えている。NYPD は銃発砲事件数は一般公開していないけれど、殺人が増えているということは銃撃も増えている。殺人の多くは銃でなされていて、ただし、必ずしも標的に当たって殺せているわけではないので。


とは言え、治安最悪時代と比べると、これほどの激減。

1990年 年間事件数

殺人   2,262
レイプ  3,126
暴行  44,122
強盗  100,280
家宅侵入強盗  122,055



ちなみに現在、全米の大都市の中でニューヨークは「とても安全」な部類に入っている。


以下、笑い話にもならない「スーパー・デンジャラス・シティ」のお話。


ハーレム在住の知人(アフリカン・アメリカン)が、隣りのニュージャージー州ニューアークの新築アパートメントを見に行った。ニューヨークへの通勤圏内。間取りが広く、とてもきちんと造られた2ベッドルーム(日本だと2LDK)の家賃がなんと900ドル。ニューヨークではあり得ない安さ。ところが、案内してくれた人がこう忠告したと言う。

「アパートの真ん前にバス停があるけど、バスは7ブロック先の次のバス停まで止まらない。なぜなら強盗に襲われることを運転手が恐れているから、バス会社も黙認している。そうそう、日没後は外を出歩かないように。」


ニューアークは、全米に悪名を轟かせているスーパー・ウルトラ・ゲットーなのだ。もし危険を求めてニューヨークに来る人がいたら、それは間違い。今ならニューアーク、デトロイト、ボルティモアあたりが最高にイケてます。とは言っても、ニューヨークもエリアによって治安はさまざまなので、ま、危ないところは危ないですが。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************

★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー

 ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。
 ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題まで
 ストリートを歩きながらじっくり解説。

★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
 ヒップホップ生誕の地でグラフィティ堪能!

★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー

 ラティーノ文化まるごと体感!

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 12:33
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:33
-, -