RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ギャングスタなんかメじゃない。酸素吸入+ツエをついた強盗(実話)
今月の初め、マンハッタンの高級紳士服店に酸素吸入タンク持参+ツエをついた老人が強盗として押し入った。酸素吸入チューブを鼻に装着し、でも、ちゃんと銃も持っていて、客に向かって「これが喰らいたいか!」と言って3発発射。幸いにも誰にも当たらず、しかし、なぜか金も強奪できずに店を出て、待機していたピカピカのキャデラックに乗って逃走。……すごい爺さん。


その強盗が一昨日、メリーランド州で死んだ。


ニューヨークを後にしてメリーランドに行った爺さん、いきなりモーテル2軒を強盗。(酸素吸入はしていなかったそうだ・笑)それを通報されてパトカーに追跡され、カーチェイスの挙げ句に運転を誤って事故り、死亡。……すごい人生。


そのニュースを見たハーレムの知人が驚いた。爺さんが死ぬ2日前に、アパートでその爺さんを見掛けたと言うのだ。同じアパートの他所の家に「親戚」と称して来ていたらしい。称していたというより本当に親戚なのだろう。親族に逮捕歴のある人間は皆無という家、少ないし。


これもニュースによると実は63歳で、今どきの63歳、特に黒人は若く見えるので全然、年寄りではない。けれど爺さんを見た知人によると、70代の老人、しかも病気に見えたそうだ。そんなコンディションでも強盗3連発。犯罪者人生を全うしたわけだ。……すごい根性。


ところで、酸素吸入強盗はこの爺さんだけではなく、カリフォルニアにも一人いるらしい。監視カメラに写った姿を見る限り、やはり70代くらい。去年の秋から10件以上もの銀行強盗を働き、いまだにつかまっていないのだ!


ここまで来ると、そのへんのギャングスタ・ラッパーなど、まるでひよっこか。ビギーや2パックよりも、こんな人物の伝記映画が見てみたい。他人に脅威を与えることで人生が成り立っているわけで迷惑千万だけど、もう誰も何もしようがないし、本人も今さら更生するつもりはさらさら無いのだろうし。ふーむ。


……でも、酸素吸入って、それだけで身元がバレそうな気もするけど。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

************************************************************
★ブロンクス(HIP HOP)ウォーキングツアー
★ハーレム(ブラックカルチャー)ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム(ラティーノカルチャー)ウォーキングツアー


ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。

●詳細はここをクリック

************************************************************
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 14:41
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:41
-, -