RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
アメリカ国勢調査に「ニグロ」表記?!
今年は10年に1度のアメリカの国勢調査、センサスの年だった。これで各地区の人口を割り出し、政府から降りるお金、議員の数が決まるから行政は必死のキャンペーンをしたにも拘わらず、ニューヨークのブルックリンなんて回答率50%。単に面倒だから答えない人、答えたくない理由がある人、答えたくても答えられない事情のある人……いろいろなわけですが。


前回も回答率が低かったので、今回は徹底的に質問の数を減らしている。でも、それはあまり重要じゃないと思うんだけど。質問の量に拘わらず、答えられない理由のある人は答えないから。


それでも、ここはアメリカ。人種に関する項目は質問票の大きなスペースを占めていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●あなたの人種(race)はなんですか?

・白人
・黒人、アフリカン・アメリカンまたはニグロ
・アメリカ・インディアンまたはアラスカ・ネイティブ(部族の名前を記入してください)

・アジア・インディアン
・中国
・フィリピン
・日本
・韓国
・ベトナム
・その他のアジア(人種を記入してください。例:ラオス、タイ、パキスタン、カンボジアなど)

・ネイティブ・ハワイ
・グアムまたはチャモロ
・サモア
・その他の太平洋島(人種を記入してください。例:フィジー、トンガなど)

・その他の人種(人種を記入してください)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結構、突っ込みどころ満載。


まず、「ニグロ」に若い黒人が驚いた。「なに、これ???!!!」と。
これはお年寄り向け。アフロ・アメリカン(死語)、アフリカン・アメリカン、ブラックなどという、シャレた呼称が生まれる前はフツーに「ニグロ」だった。だからお年寄りの中には、「わたしゃ、アフリカンアメリカンとか、そんなのじゃないわよ」という人もいるのだ。


アジア人の項目、便宜上「日本」「韓国」などと訳したけれど、本当は Japanese(日本人・日系)、Korean(韓国人・韓国系)となっている。ジャパニーズの場合、日本生まれの移民も、アメリカ生まれの二世、三世も込み。日本語だと「日本人」「日系人」と区別するけれど、英語だとどちらも単にジャパニーズ。


しかも国籍は一切関係なし。日本国籍、アメリカ国籍だけではなく、日本人の血を引いていても他の国籍を持っていて、だけど今はアメリカに住んでいる人も、数は少ないだろうけれど存在するはず。そんな人も含めて、全部「ジャパニーズ」。正直、私などいまだに「日系人はアメリカ人で、私は日本人」と、なんとなく区別しているけれど。だって日系人は生まれつき英語しゃべっている人たちだし、私は苦労して英語学んだヒトだし。


インド、パキスタン、アフガニスタンもアジア。なのでアメリカで「アジア系の人口●%」などという時、日本人もインド人も込み込み。これも何となく違和感ありなんですが。


で、白人、黒人に関しては出所は訊かないのね。ドイツ系とか、イタリア系とか、アフリカ系とか(アフリカからの移民という意味で)、ジャマイカ系とか。前回の調査ではみっちり訊いていたのに。今回、どうやってそれぞれを割り出すのだろう。私、センサスの結果を記事に多用するので、ちゃんと数値を出していただきたいのですが。


余談:オバマは「黒人、アフリカン・アメリカンまたはニグロ」にマルを付けたそうな。彼、半分白人なんだけれど、これもまたアメリカの事情ってことで。




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 17:36
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:36
-, -