RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
タイムズスクエアで暴動、地下鉄で殺傷事件
最近、ちょっとバタバタ忙しいのが理由なのか、ブログよりツイッターへの書き込みが増えているような。ツイッターはブログとは別物なので、そればっかりだと私の場合ダメなんですが、いかんせんお手軽なので。


さて、イースターサンデーの夜、ニューヨークは大騒動となった。タイムズスクエアに数百人の若人が集い、大暴れの挙げ句に3ヶ所で発砲、4人が撃たれた。幸いにもいずれも軽症。これはイースターの悪しき伝統行事。


その1週間ほど前には、やはり夜中にマンハッタンからブルックリンに向かう地下鉄の中で殺傷事件。これもタイムズスクエア周辺で暴れた若人(黒人、24歳)のグループが地下鉄の中でも騒ぎ続け、飲み終えたビールの瓶を投げたら、他のグループの若人(ラティーノ、19歳)の頭に当たったとか。どちらにとっても不運なことに、19歳はナイフを持っていた。3人を刺し、うち2人が死亡。


被害者の一人のマイスペースには「パーティー大好き!女性大好き!」みたいな自己紹介文があった。加害者はマイスペースで、刃渡り40センチのマチェット(カリブ海の大型ナイフ)を持った自分の写真を見せびらかしていた。

他人を気にかけないパーティーアニマルと、度を過ぎたナイフ・クレイジー。どちらにも共感はできないけれど、それでも24歳で死んでいいわけではないし、19歳で人生を破滅させていいわけではない。


どちらからのグループが、駅に着くのが5分遅れていたら同じ列車には乗らなかっただろうし、ビール瓶を10センチずらして投げていたら犯人には当たらなかっただろうし。そう考えると、不幸な偶然が合致した結果のように思える。


けれど無茶なパーティーを続け、ナイフを持ち歩き続けていたのだから、成るべくして成ったとも言えるか。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 23:42
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:42
-, -