RSS | ATOM | SEARCH
私の記事が「言語データベース」に採録された。というお話し。
すっかり忘れていたけれど、昨年の秋頃、国立国語研究所というところから連絡があった。私が以前書いた雑誌の記事を「言語データベース KOTONOHA」に採録したいので許可が欲しいという内容だった。


最初は何のことだかさっぱり分からなかったのだけれど、現代の書き言葉を保存するために新聞・雑誌・書籍などから1億語を抜き出し、データベースにするらしい。ついては、論座2003年2月号に書いた「黒人にとっての9・11とブッシュ政権」
を使わせて欲しいと。(どんな内容を書いたのか、自分でも忘れていた。)


こう聞かされると、「あぁ! 私の書いたものが日本語として優れているので選ばれたのだ!」と思うわけです、やはり。けれど詳細をよく読んでみると、出版物の中から無作為に選んだ執筆物から、さらに無作為に1ページを選び、そのページの中からさらに無作為に1ヶ所を抜き出し、1,000文字だけデータベースに登録するとのこと。文章の内容や質は選択基準では全くないのであった。……なんだ、ちょっとがっかり。


それでも何となく嬉しい気分になったので、許諾書に採録OKのサインをした。すると、御礼として図書券がはるばるニューヨークまで送られてきた。……アメリカで図書券って使えるのかしらん???


というわけで、今も何だかよく分からないままですが、国語学に興味のある方は以下をのぞいてみてくださいませ。


言語コーパスとは何か、どのように役立つか
日本語をはじめとする言語を分析するための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の資料を体系的に収集し、研究用の情報を付与したものを言語コーパス (language corpus)と呼びます。コーパスは1960年頃から言語研究のために構築されるようになりましたが、近年では狭い意味での言語学の領域を超えて、幅広い研究領域で利用されるようになってきました。また学術目的での利用だけでなく、産業界でも利用されています。

国立国語研究所/言語コーパスKOTONOHA



※「黒人にとっての9・11とブッシュ政権」、読み返してみると、ビミョウに日本語がおかしい箇所があった。それでも採録されてしまったわけです。ははは。
論座2003年2月号掲載「黒人にとっての9・11とブッシュ政権」




↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住10年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック






author:堂本かおる, category:その他, 15:16
-, -