RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Sicko マイケル・ムーア
アポなし突撃取材でドキュメンタリーの新境地を開いたマイケル・ムーア、今回はなんとキューバにアポなし取材!

日本人なら行けるキューバ。でもアメリカとキューバは国交断絶中なので、アメリカ人はダメ。もっとも、最近は規制がかなりユルくなっていて、学生やジャーナリスにはビザが降りている。なのでマイケル・ムーア自身はビザを取っていたらしいけれど、映画の内容にアメリカ政府は怒ってしまって、マイケル・ムーアと同行者はトラブルに見舞われている模様。

……えー、映画自体の話ですが……日本の人は観なくていいと思う。なんだかんだ言いながら日本の国民健康保険制度はすばらしいので、わざわざ「先進国の中では最低最悪」なアメリカの医療保険の実態暴露映画を観ても、「あー、なんだかヒドいね〜」というだけで終わるかも。

ただし、「医療保険を民営化してしまうと、こういうコトになるから止めておこう」というブレーキにするためには観ておくといいかもしれない。

その一方、アメリカ人にとっては涙なくしては観られない内容となっている。特に保険に入っていなくて病院に行けなかったり(そんな人が大量にいること自体が異常。)、入っているのに『保険対象外』だと言われて法外な医療費を払ったり、治療をあきらめたりした経験のある人にとっては。

これ、ホラー映画以上にコワイ映画でもある。これまでは上に書いたような経験をしていなくても、「次にかかる病気が保険の対象外だったら……病気で衰弱+破産して、野たれ死にするハメになるのか?」という恐怖感をたっぷり味わえる。

アメリカはワイルドな魅力にあふれている国。けれど、その『ワイルドな魅力』の中には『人生、何から何まで、すべて自己責任』というスリルも含まれている。ぼんやりしていると誰も助けてくれないどころか、たちまち奈落の底行きとなる。

つまり、『儲かる立場にいる人間だけが際限なく儲かる』=『貧乏人は一生貧乏』というオソロしい掟の上に成り立っている社会なのだ。だから貧乏人は病気もしてはイケない。

アメリカって、こんなふうに『めちゃくちゃ間違っている』国でもあることを知るために、やっぱり、ぜひ観てくださいませ。(多少、感動的なシーンもあるけれど、そこで感動だけして終わることはせず、アメリカの暗部をがっちり観てやってくださいませ。)

**************************************************

★ハーレムツアー
黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。
詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$63、学生割引1週間321ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:映画, 14:53
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:53
-, -