RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
鬼母モニークがアカデミー受賞!
モニークが下馬評どおり、アカデミー賞助演女優賞を取ってしまいましたなぁ。受賞に十分、値する迫真の演技だったので、これは誰もが納得。


「プレシャス(Precious: Based on the Novel ‘Push’ by Sapphire)」は全6部門にノミネートされていて、脚色賞(ジェフリー・フレッチャー)も受賞。受賞ステージでは、フレッチャーさんも感無量って感じだった。

アカデミー賞6部門ノミネート

作品賞
監督賞:リー・ダニエルズ
主演女優賞:ガボーリー・シディベ
助演女優賞:モニーク
脚色賞:ジェフリー・フレッチャー
編集賞:ジョー・クロッツ


日本では4月公開なので、ハーレムや黒人社会に関心のある人は観てみてください。主人公のプレシャスのように考えつく限りの虐待をフルセットで全て体験する子どもはさすがに少ないかもしれない。けれど「この部分は私も体験した」「あれとこれは、私も親にやられた」というケースは、今も珍しくない。


時々、ハーレムを歩いていて子どもたちを見掛けると、「一体どれほどの子どもが、どれほどの逆境に暮しているのだろう」と思う。さらにソーシャルワーカーの事務所で見掛ける子どもたちであれば、必ず何かの問題を抱えているわけで。(そうでなければ、そこには居ない) 同時に、ハーレムにも親に愛されてすくすく育っている子どももたくさんいて、そのギャップの大きさは想像するしかないわけで。


ノーメイクでソーシャルワーカーを演じたマライア・キャリーは、あの「疲れ具合」がリアルだった。虐待家庭の面倒を見ることが毎日の仕事であるソーシャルワーカーは、あんなふうに燃え尽きてしまうことも多い。


とは言え、もっとも酷い虐待部分はさすがに映像には出来ず、映画ではセリフとして語られる。あと、原作のポイントは、当初は読み書きの出来なかったプレシャスが徐々に文才を発揮していく日記の文体と、間違いだらけのスペル。これが作品のフレーバーを定める、とても重要な部分であるにも拘わらず、当然ながら映像にすることは不可能。原作でのみ味わえる部分。


「Precious」公式サイト(英語)

「プレシャス」公式サイト(日本語)


ベストセラーとなった原作小説「PUSH」の邦訳版



原書





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:映画, 01:52
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:52
-, -