RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
小学校 と 少年院の関係〜ニューヨーク
雑誌の特集記事としてアメリカ、特にニューヨークの学校について書いている最中。ハーレムの小学校の校長先生(33歳!)にもインタビューして、ちょっと気持ちが舞い上がっている状態。アメリカでは今、教育が「HOT」なのだ。


いや、冗談じゃなくて、ほんと。この国のヒドい部分は、教育の欠如に起因することが多い。特にマイノリティについて語る場合、教育は忘れてはならない話題のひとつ。ステレオタイプに語られる「黒人=犯罪」は、本当は「黒人=貧困→教育の欠如=貧困→犯罪」なのだ。


で、朝刊を読んでいたら、なかなかキツい記事があった。ニューヨークの少年院の話。収監されている少年たちの75%は、出所後3年以内に刑務所に舞い戻る。そして、平均年齢16歳の彼らの3分の1は、小学3年生レベルの読解力しかないと言う。


ちょうど昨夜、ニューヨーク州の小学3年生の一斉テストの内容を見ていたところだった。最初の問題は「おかあさんニワトリとヒヨコ」のお話を読んで質問に答えるというもの。


「卵から孵ったばかりのヒヨコを説明するのに、どの言葉がもっとも適していますか」
1)ふわふわ  2)強い  3)疲れている  4)暖かい


ドラッグディーラーだったり、万引犯だったり、強盗犯や殺人未遂犯人だったり、はたまた麻薬中毒だったり鬱病だったりするティーンエイジャーたち。彼らはニワトリの問題が果たして解けるのだろうか。彼らをそんな状態のままストリートに放り出してしまったのは、家庭環境と公立学校という教育システムだったのだ。





↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 20:49
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:49
-, -