RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
5歳児と結婚の在り方について語り合う。
息子の幼稚園のPTA会合に夫と出掛けた。会合は仕事帰りの保護者が参加できるよう、夕方6時から始まる。子供も連れてきてよい。そうじゃないとベビーシッターのいない家は来られないからだ。


会合が始まる直前、息子とクラスメートが5〜6人、固まって座ってぺちゃくちゃおしゃべりしていた。というか、大人の「静かにしてなさい!」を丸っきり無視して騒いでいた。「ま、5歳児だし、仕方ないか」と思って見ていると、中のひとりが部屋の反対側でPTA会長と話している夫を指して、私に話しかけてきた。


女の子:「あれ、Fちゃんのダディ?」 Fとは私の息子。
私:「そうよ」
女の子:「一緒に住んでるの?」
私:「一緒に住んでるよ」
女の子:「わたしのマミーとダディーは一緒に住んでないの。一緒に住みたくないんだって」
私:「大人は時々、意見が合わないことがあるのよ」
女の子:「わたしが結婚したらね、ハズバンドと一緒に住むの」


この女の子のおかあさんは、とても感じの良い人で、子育てもきちんとしている。だから、この子はマミーが大好きなはず。それでもダディの不在が淋しくてたまらないのだ。


息子のクラスで父母の両方と共に暮している子は、おそらく半数もいないと思う。3分の1くらいかも。祖父母や伯母、里親と暮している子もいる。だから学校の書類の「保護者」の欄は「親」「後見人」「その他」などと詳細を選ぶ形式になっていることが多い。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 03:29
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:29
-, -