RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
NYC リアリティ・チェック〜ある銃撃事件によせて
26日、ブルックリンのプロジェクトで24歳の青年が何者かに撃たれて亡くなった。
ニュースによると
23歳のガールフレンドとの間に6歳と1歳の子どもがいる。
ふたりは10年間の付き合い。
青年の母親は42歳。


つまり母親は18歳で息子を産み、
息子14歳、ガールフレンド13歳で付き合い始め
息子18歳、ガールフレンド17歳で第一子出産、
母親は36歳で祖母となる。
息子は犯罪歴があり、無職。
ある理由によりプロジェクトから退去勧告を受けていた。
そして24歳で射殺された。
ガールフレンドは23歳にして2人の子どもを抱え、未亡人となった。


このカップルの背景は「中絶」の問題につながる。
14歳と13歳の中学生カップルが子どもを産むべきなのか。
そもそも青年の母親も18歳で出産しており、
高校在学中の17歳で妊娠したことになる。
3人とも高校卒業資格を取っていない可能性が高い。
つまり職に就くことが困難、運良く見つかっても低賃金。
だから貧困から抜けられない。
なのにカップルは2人目の子どもを出産している。


この2人の子どもの将来はどうなるのか。


親は未成年の妊娠を防ぐ手立てを講じつつ、妊娠した場合、特に今回のカップルのように極端に年齢が低い場合、「仕方ない」「おろすなんてとんでもない」「子どもは神様からの授かり物」といった態度を取るべきではないのだ。キリスト教社会において「神様からの授かり物」という考え方は大きなウエイトを持つけれど、親(妊娠した子ども。そう、まだ子どもなのだ。)の年齢によっては現実を見据えるべきなのだ。


産むとしても、出産直後に養子に出すという方法がアメリカでは充分に有効で、「世間体が悪い」「子どもが肩身の狭い思いをする」といった心配はしなくていい。だから妊娠した子どもの親が、子どもと語り合ってお腹の中の子どもの行く末を決めるべきなのだ。とはいえ、親自身がティーンエイジャーで出産をしているし、まわりにも10代のシングルマザーがたくさんい過ぎる。だからそれが「フツー」に思えてしまうのだ。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************


★ブロンクス・ウォーキングツアー NEW!!
★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック


author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 13:53
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:53
-, -