RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
黒人・女性・インディアン・ラティーナ(白人男性はどこへ?)
オバマ大統領による「自由勲章」の授与式をテレビで見た。
民間人に贈られるなかでは最高位にある勲章らしい。


サンドラ・デイ・オコーナー(白人女性)女性初の最高裁判事
シドニー・ポワチエ(黒人男性)俳優
ツツ主教(黒人男性)南ア・リーダー
ジョセフ・メディシン・クロウ(アメリカ・インディアン男性)人類学者 羽飾りがお見事!
ビリー・ジーン・キング(白人女性)テニス選手
チタ・リベラ(ラティーナ女性)ダンサー役者
他………


と、16人もいる候補者はマイノリティばっかり。白人男性は皆無?
……と思ったら、いた。
ただし、エドワード・ケネディは病床にあって欠席。
ゲイの活動家だったハーヴェイ・ミルクと副大統領候補にもなった共和党議員のジャック・ケンプは共に故人。
授与式に唯一、出席していた白人男性はスティーブン・ホーキング博士(イギリス人)だった。


白人男性は16人中4人。
出席者は1名のみ、非アメリカ人で車イスの人。
1人はゲイ。
1人は民主党議員。
共和党員だったケンプは故人。


共和党の白人男性諸氏は、さぞかし仰天しただろうなぁ。
彼らがイメージする、「強くて明朗快活な世界のリーダーたるアメリカ白人男性」がいなかったのだから。
この人選って、オバマ、意図的なのかしらん。と邪推してみたり。


それにしてもサンドラ・デイ・オコーナー(79歳)。
女性初の最高裁判事となった人。1950年代に一流ロースクールを3位の成績で卒業したにもかかわらず、当時、どの法律事務所も女性弁護士を雇わず、やっと得た仕事のオファーはタイピストだったという。なのに最高裁判事という、法律家としてのトップの地位まで昇り詰めた人。その後を継いだのがギンズバーグ判事(ユダヤ系)と、オバマに任命されて正式に宣誓したばかりのソトマイヨール判事(プエルトリコ系)。


女性の歴史。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************

★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー

今だけ割引 一般 60ドル → 50ドル

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック









author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 16:52
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:52
-, -