RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
受付け係 転じて アイスクリーム屋台となる。
ハーレムにある地域サービス団体で受付をしていた若いブラザーが、いつしか辞めていた。


あれから早や2〜3ヶ月も経とうか。その彼をストリートで見掛けた。なんと、アイスクリームの屋台をやっているではないか!


大胆というか、前向きというか、はたまた自分の特性を知っているというか。


彼は温和な顔付きでフレンドリー。背は高いけれどマッチョな体型ではない。だからアイスクリームを買いに来る子どもや、そのマミーに思いっきり安心感を与えることができると思う。


そもそもハーレムやブロンクスのアイスクリーム・ワゴンはラティーノの独壇場。黒人が売っているというだけで目立つし、ラティーノの売り子には英語があまり達者じゃない人も多い。だからアフリカン・アメリカンの客としては、同じアメリカ人が売っているというだけで買いやすく感じるのではないかな。


もっとも、実際の会話は
客:「マンゴちょうだい」
アイスクリーム売り:「サンキュー」
だけ。値段は客も知ってるから、本当にこれだけ。
だから英語力は不要なのだけれど、気の問題として。


そうだ、客には「マンゴとチェリーとココナッツ」なんて注文する人もる。どこで覚えてきたんだが、うちの息子も5歳にしてこれをやる。3種類買うわけではない。小さな紙コップに3種類を少しずつ入れろというのだ。1ドルのアイスクリームにこれを要求するアメリカ人って。



↓ 今日のブログ、面白かったらバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    

**************************************************

★ハーレム・ウォーキングツアー
★スパニッシュハーレム・ウォーキングツアー

今だけ割引 一般 60ドル → 50ドル

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●詳細はここをクリック


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル50ドル、ダブル66ドル!
●詳細はここをクリック



author:堂本かおる, category:ハーレム, 12:20
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:20
-, -