RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ゴスペル版・吉本新喜劇「タイラー・ペリーの結婚カウンセラー」
Tyler Perry親戚の集まりで、いつものように夫の妹が持参するDVD鑑賞会。今回はタイラー・ペリーの「The Marriage Couselor」。


タイラー・ペリーとは「Madea」シリーズで女装している役者であり、監督&脚本家。一時期はホームレスだったこともあるらしいけれど、今や映画、舞台、TVドラマと大活躍の人。



さて、「The Marriage Counselor」。映画が始まった瞬間、吉本の新喜劇かと思った。劇場に観客を入れての生舞台を収録してDVD化したもので、ステージのセットとか、登場人物のキャラ立てとか、役者は黒人なのに、まんま吉本ではないか!


妻は心理医。結婚生活に危機を迎えているカップルを対象にカウンセリングをしているが、かつてのクラスメイトと再会したことによって退屈な夫との生活に疑問を感じ始める……といったストーリー。


こう書くと全然つまらなそうに思えるけれど、タイラー・ペリーの場合、深刻な問題をコメディにまぶして提示する特殊な才能を持っている。加えて今回はゴスペル・ミュージカル仕立てという、あえてベタな作りにしてあって、だから最初は「あ〜あ〜、これじゃ安物くさい歌入り吉本新喜劇だよ〜」と思わせておきながら、見終わってみると、「なんだ、すごく面白いじゃないか」となる。不思議。


ひとつには役者が良かった。特に夫の父親役。すごく才能のあるコメディアンだと思う。最後にステージに登場したタイラー・ペリーによると、「才能のある役者はたくさんいるのに、どの映画を見ても(売れている)同じ役者ばかり出ている。だからフレッシュな顔ぶれで作ってみた」ということらしい。


取り込まれているネタも、信仰、年寄りのマリファナ栽培(笑)、DV問題、夫の子育て放棄など多彩。それにしてもタイラー・ペリーはなぜ「黒人女性の困難な人生」に、ここまで入れ込んでいるのだろう?



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください



**************************************************

携帯サイト「ソウルトレイン/ニューヨークの壷」更新!
「あなたはアフリカン・アメリカンですか?」 ジャマイカ系、ナイジェリア系、ハイチ系……アメリカにはさまざまな出自の黒人がいて、そのアイデンティティーもさまざま。
st


**************************************************
★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

春休み&卒業旅行割引あり!
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住9年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。●PCサイト Click!


★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:映画, 06:31
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:31
-, -