RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
黒人とインディアンの関係(タバコについて)
Newport黒人にいちばん人気のタバコ
ニューポート(メンソール)


ハーレムを歩くと「ヌーポー売り」がうるさい。ストリートで非合法にタバコを売る男たちがうじゃうじゃいるのだ。アジア人はタバコ好きと思われているので「ヌーポー、ヌーポー(Newport)」と、やたらに声を掛けて来る。


今、ニューヨークでタバコを買うと8.5ドルくらいと高い。価格のほとんどは税金だ。州と市はかなり儲けている。でも道のヌーポー売りが5ドルで売っているのはアメリカ・インディアン居住区から非合法に仕入れたもので、とーぜん税金は払っていない。


居住区に押し込めたインディアンに対する政府の「ごめんね策」のひとつとして、居住区でインディアンが買うタバコは非課税。これを悪用して、インディアンのタバコ屋がヌーポー売りに大量に卸す。これを規制すると売り上げが減るので、タバコ・メーカーは見て見ぬ振りらしい。


その結果、政府の中途半端な「ごめんね策」を利用してインディアンと黒人(とメーカー)が潤う結果となっている。エンドユーザーである黒人は肺ガンで死んでるから「潤っている」わけではないという意見もあるけど。


アメリカ・インディアンと黒人のつながりの歴史は古い。昔、逃亡奴隷をインディアンがかくまい、すると当然のように黒人奴隷青年とインディアンの娘さんのカップルができて、ミックスの赤ちゃんがいっぱい生まれた。(なんか、良い話だな。) だから「曾ばあさんはチェロキー族なんだ」とか言う黒人は多い。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください
**************************************************

携帯サイト「ソウルトレイン/ニューヨークの壷」更新!
推理小説の女王、アガサ・クリスティは「ニガー」という作品を書いていた!
それは後に「インディアン」と改題されて……。

st

**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー

ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム

ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!●詳細はここをクリック

author:堂本かおる, category:ブラックカルチャー, 00:00
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -