RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ブロンクスのマクドナルド
deantitomarilyn


↑ ヘンな取り合わせ @ ブロンクス


所用でブロンクスに出向き、1時間半、時間をつぶすことになった。さびれた街である。何もない。ひなびたレストランは何軒かあるけれど、お腹は空いていない。でもスタバなんて、あるはずもない。そこで二者択一。マクドナルドか、ウェンディーズか。


マクドナルドに入った。


内装は1950年代のマクドナルドの再現らしい。と言っても当時の看板がイラストで描かれているくらいだけど。ふーん、その頃、ハンバーガーは「15セント」だったのね。壁にはジェームズ・ディーンとマリリン・モンローの写真が掛けられている。BGMにもロックンロールが流れていて、ちゃんと統一してるんだ〜と、やや感心。


でも、ここはブロンクスなのだ。ラティーノの街なのだ。ジェームズ・ディーンとマリリン・モンローに並んでサルサの帝王、ティト・プエンテの写真も飾られていた。


ヘンな取り合わせだ。違和感あるなぁ。


でも、よく考えたら、この3人は同世代ではないのか?

ティト・プエンテ 1923〜2000
マリリン・モンロー 1926〜1962
ジェームズ・ディーン 1931〜1955

やはり。

全員、1950年代にばりばりに活躍していたのに、同じ時代であっても人種が違うとジャンルやファン層がまるっきり変わる。だから3人が同世代だと気付くまでに時間がかかった。アメリカの事情だなあ。


ところでラティーノの年配のおばさまには、このティト・プエンテと同じヘアスタイルの人が時々いる。



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:ラティーノ, 12:57
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:57
-, -