RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
NYもう住めない。家賃8.5%値上げ
rent strike家賃ストライキの光景 1919年

現在はプエルトリコ人、メキシコ人地区となっているイーストハーレムが、まだ貧しい白人移民の街だった頃


ニューヨーク市の来年の家賃値上げ率が決まった。
1年契約だと4.5% 2年契約は8.5%
過去最大の上げ率だ。


仮に現在の家賃が700ドルのアパートなら1年契約でも731.50ドルとなる。年間(12ヶ月)で378ドルのアップ。
1,500ドルの物件なら2年契約で1,627.50ドル。年間1,530ドル。


中低所得者とって、これはキツい。


給料がほとんど上がっていないし、わずかな賃上げがあっても今年に入ってからの物価上昇率は驚異的で、賃上げ率をはるかに凌いでいる。


ニューヨークタイムズには生活保護の食料クーポンでかつかつの生活をしている人たちのリポートがあった。賞味期限が切れた食品を買い、ビーフやポークを断って鶏肉オンリー、果物もあきらめているそうだ。(鶏肉のほうが健康に良いと思うかもだけど、皮と脂肪たっぷりの安い部位を買ってフライドチキンにするから不健康。)


ニューヨーク市はいずれ、マンハッタンにスーパーリッチ、他の4区に貧しい移民が住み、中流層はすべて出て行くと予想されている。この仮説にいよいよリアリティーが出てきた。


先週末(↓セックス・アンド・ザ・シティ鑑賞記)に書いたけれど、ロクな男もいない上に物価は高過ぎるでは、ニューヨークに住む意味がないですなぁ。もっとも、既婚の身としては良い男がいても何も出来ず、通りすがりに眺めるだけなので、それに関しては問題ないと思うが。いかがか。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ ←今日のブログ、面白かったらクリックしてください


**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 18:03
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:03
-, -