RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
マカロニ&チーズとジャンキーとアイスクリーム
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

土曜日は天気が良かったので、午後に夫とイーストヴィレッジ〜ロウアーイーストサイドをぶらぶら。

ちょっと話題になっているマカロニ&チーズの専門店 S'Mac で、カロリー炸裂の4チーズ・マカロニ&チーズを食べる。美味しいけれど、いちばん小さなサイズでも完食できず。

アジア系の若いお父さんと、小さな4人の子供が大きなサイズをシェアしていた。お父さんの子と、あとは親戚の子か、近所の子みたい。5人がひと皿のマック&チーズをフォークでつついてる様子は、ほとんど鍋料理。

夫は「美味しいけど、スーピー soupy」とちょっとご不満。白人家庭バージョンにはマカロニにチーズソースを絡めただけのものもあるし、ベイク(オーブンで焼く)してあってもソースがゆるい=スープっぽい=soupy. 対してソウルフード・バージョンはチーズソースが固いのでベイクすると水分が飛んで固形となる。

ちなみに S'Mac 週末はかなり込む。カウンターで注文を取ってたラティーノの兄ちゃん、接客態度は最悪。


それから友人が勤めているメキシカン・レストランをチェックし、ハウストンストリートへ。この辺りも再開発が進んでいる。


日差しが春の陽気だったせいか、ダンキンドーナツの前を通った時に夫が「アイスクリームが食べたい」と言う。なので今年初の「外アイスクリーム」。ダンキンドーナツはバスキンロビンズ(日本ではサーティーワン)と合体しているのだ。

ダンキン、どこにいってもジャンキーがいますな(笑)。ハーレムと違うのは人種。白人の若いジャンキーカップルが大声でしゃべっていた。ジャンキーは独特の歩き方をするし、話し方もおかしい。ドーナツを買おうとか、トイレに行きたいとか、フツーのことを喋ってるんだけど、声が大きくなっていること、身振り手振りも大振りになっていることに本人は気付かない。

隣のテーブルではラティーノの親子連れがアイスクリームを食べていた。9歳くらいの男の子は新製品の Rock'n Pop なんとかっていう、グリーンとパープルがミックスされたエグい色のアイスを食べていた。男の子って、こんなのが好きだ。そのうち3歳くらいの弟がダダをこねて泣き出した。

ごくフツーの家族と、ごくフツーのジャンキーカップルが交錯するダンキンドーナツ @ ロウアーイーストサイド。

**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!
●携帯サイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック



JUGEMテーマ:地域/ローカル
author:堂本かおる, category:ニューヨーク, 00:47
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:47
-, -