RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
オバマと気が合うやん、私って(笑)
obama book快進撃を続けるオバマが政策を語った著
「合衆国再生」(すごいタイトルだ。)
定価1900円が税込み28.83ドル也


ある雑誌から、オバマに関する記事の依頼をもらった。その参考になるかと思って、今、この本を読んでいる。

政治用語が頻出だろうし、何より締切まで時間がないので原書でのろのろ読んでいるバアイではないと思い、わざわざ紀伊國屋まで出掛け、高い邦訳版を買った。

取り急ぎ、記事の参考になりそうな章を読んでみた。
(日本語だと、こんなにスイスイ早く読めるぞ・感激。)

びっくりした。

私がハーレムツアーでお客さんに解説している、まんまそのままなことが書かれていた。ゲットーの現状と、現状が作られた原因、そして可能性のある改善策。オバマは彼の地元シカゴのゲットーを例に挙げているけど、骨子はまったくハーレムと同じ。

オバマ、日本人に化けてこっそりツアーに参加し、ネタを盗んだのか?
……そんなワケないか。

 * * * * * * * * * * *

これはどういうことかと言うと、オバマと私が個人的にツーカーということではなく(当たり前・笑)、アメリカの黒人ゲットーの状況や問題点は、それがニューヨークのハーレムであれ、シカゴのウエストサイドであれ、LAのコンプトンであれ、荒廃の程度の差はあれど本質的には同じだということ。

なので、私の解説とオバマの記述はゲットーに住む者や、自身は中流化してゲットーを抜け出してはいてもゲットーに家族親類縁者がいる黒人であれば、皆、知っていることなのだ。つまり、この本の、この部分に関してはアメリカに住む黒人は読む必要がないと言える。だって皆、身を以て体験していることだから。

 * * * * * * * * * * *

こんなふうに黒人にとっては言わずもがなことも、白人やアジア系(*)など、黒人スラム街を知らないアメリカ人にとっては未知な情報。だからオバマは本に書いたのだ。

これはアメリカの人種(および経済)の深刻な分断の表れ。人種・エスニック・経済レベルによって住むエリアがはっきり分かれているがゆえに、他のコミュニティのことはお互いに全く知らないのだ、アメリカ人は。

※黒人、ラティーノに比べるとアジア系アメリカ人は学歴・年収が高く、そういう意味では白人に次ぐポジションにある


この本、単に「オバマ本」としてではなく、アメリカの現状を知るにも役立つので、結構お薦め。って、まだ2章しか読んでないけど。

 * * * * * * * * * * *

さてさて、火曜日はいよいよヒラリーの運命が決まるであろうテキサス&オハイオでの予備選。この日に勝てなかったら、もう可能性はないのだ。アディオス、ヒラリーとなるのか、それとも鉄の女の意地を見せるか。(ヒラリーのくるみ割り人形が売られていた。紺色のパンツスーツを着たヒラリー人形の太ももの間にくるみを挟んでガシッとやる。「鋼鉄の太もも」と書かれていた。)

**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!
●携帯サイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック


JUGEMテーマ:ニュース
author:堂本かおる, category:2008大統領選・政治, 16:24
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:24
-, -