RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
The Wire 最終回、近し!
OmarChris

↑テレビドラマ「ザ・ワイアー」の凄腕殺し屋オマー(左)と、
ライバルでいつもシャツの第1ボタン留めの殺し屋クリス(右)

ここ数年でいちばん熱中したドラマ「ザ・ワイアー」が5シーズン目にして、とうとう最終回を迎える。あと2週で終わり。……淋しい。(ちなみに、オバマもこのドラマのファンらしい。)

写真(左)は、ショットガン撃ちまくりの恐ろしい殺し屋、オマーを演じるマイケル・K・ウィリアムズ。ブルックリンのイーストフラットブッシュ出身で、そもそもはジャネット・ジャクソンのバックダンサーだったしい。トゥパック信者でもある。

顔の見事な傷痕は、なんと本物。昔、バーでもめ事を起こした時に相手にヤラれたらしい。なんでも、傷が出来てから仕事が増えたとか。ギャングスタラップの影響か、アメリカでも一時、メディアにゲットーブームがあったからだと思う。

「ザ・ワイアー」では、自分の中にある独特なモラルに沿って人殺しをやる複雑なキャラクターを見事に演じきったヒト。「ザ・ワイアー」終了後も楽しみな役者だけど、なんせ顔にスカーだからギャング以外の役が付くのか?

写真(右)も先が楽しみな Gbenga Akinnagbe。名前からも分かる通り、両親はアフリカのナイジェリアからの移民。サラリーマンを経て、シェークスピア舞台劇から役者を始めたらしい。彼も忠誠心の強い寡黙な殺人者役で、良い味出してました。

 * * * * * * * * * * *

さて、私はちょうど雑誌の銃特集を書き終えたところ。そもそも、かなりの銃反対派で、とは言え、記事は中庸な立場で書いたつもりなのに、読み直すといかにも「アンチ・銃暴力!」なトーンになっている。その度に銃擁護派の視点も考えて書き直し。やれやれ、苦労しました。

そんな私が、ボルティモアのゲットーで上の2人が銃を撃ちまくり、お互いを殺そうとするドラマを毎週、手に汗して観てるわけで。銃撃シーンにエキサイトするために観ているわけじゃないけれど、それでも銃がいかに人を興奮させるシロモノかは取材を通して少し分かったような気がする。結局、射撃場には行かなかったので実体験はないままだけど。


このドラマ、日本ではオンエアされてないけれど DVDで観ているファンがいるみたいですね。ラストシーズン、「あぁっ〜!?」と驚く事態になってます、ほんと。最終回は一体、どうなるんだろう?

**************************************************

★ハーレムツアー/スパニッシュハーレム ウォーキングツアー
ブラックカルチャーを100%体感できるスペシャル・ウォーキングツアー。ハーレム在住8年のガイドが黒人史からヒップホップ、レゲエ、差別問題までストリートを歩きながらじっくり解説。ラティーノカルチャーツアーもあり。
●PCサイト Click!
●携帯サイト Click!

★ハーレムYMCAゲストルーム
ハーレムのど真ん中にリーズナブルなホテル。シングル$57、ダブル68ドル!
詳細はここをクリック




author:堂本かおる, category:映画, 07:48
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:48
-, -