RSS | ATOM | SEARCH
ヴァージニア州:白人至上主義者のデモ〜死者も出た大混乱の原因とタイムライン

ヴァージニア州:白人至上主義者のデモ〜死者も出た大混乱の原因とタイムライン

 8月12日(土)、ヴァージニア州シャーロッツヴィルで白人至上主義者の大規模なデモが開催された。カウンター・プロテスト(抗議運動)側と合わせると実に数千人規模となり、両者が激しく衝突。その結果、カウンター側の女性1名が無くなり、30人以上の負傷者が出た。さらに現場付近を警備していた警察のヘリコプターが墜落し、警官2名も死亡。ヴァージニア州知事は緊急事態宣言を発令。



 当日、シャーロッツヴィルにKKK、ネオナチ、アルト・ライトなどと呼ばれる白人至上主義者たちが大量に集まった。南軍旗やハーケンクロイツを染め抜いた旗を掲げ、ナチス式敬礼をしながら「ヘイル・トランプ!」と繰り返すグループや、大型銃を携えた民兵隊も参加。カウンター側の緊張も高まり、デモ開始時刻前に早くも衝突が始まり、大変な混乱状態となった。

 混乱のさなか、カウンター・グループに向かって車が突っ込み、カウンター側の白人女性(32)が死亡。犯人はオハイオ州からやってきた20歳の青年で、すでに逮捕、殺人罪で起訴された。他にも黒人青年が数人の白人に殴打され、頭部を8針縫い、手首を骨折する大ケガを負うなどしている。

 KKKの元リーダーでトランプの熱心な支持者であるデヴィッド・デュークはデモについて以下のコメントを発した。「トランプは我々の国を取り戻すと言った。我々がトランプに投票した理由だ」。

 事態の深刻さに大統領のドナルド・トランプは珍しく即座にツイートをおこない、次いでスピーチを行ったが、その内容が激しく批判された。「全ての人々(またはグループ)」「すべての側」が共に憎悪を糾弾すべきだと言い、「白人至上主義者」の名を挙げることをせず、先に挙げた死亡事故にもあえて触れなかったことが理由だ。このトランプ発言に対し、民主党だけでなく、共和党の政治家からも批判が噴出した。

 一方、ヴァージニア州知事のテリー・マコーリフは当日の記者会見で「今日、シャーロッツヴィルにやってきた白人至上主義者とナチスにメッセージがある」「恥を知れ。おまえたちは愛国者のフリをしているだけだ」「帰れ。決して戻ってくるな」と厳しく糾弾した。シャーロッツヴィルは非常にリベラルな土地柄であり、デモに参加した白人至上主義者の大半が他州からやってきたとされている。


■デモの理由と、タイムライン

 今回の出来事の素地は2015年に始まっていた。シャーロッツヴィルの公園に南北戦争時の将軍、ロバート・リーの銅像があり、地元の黒人高校生たちが像の撤去運動を開始。きっかけは同年にサウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で白人至上主義の青年が銃の乱射を行い、9人の教会メンバーが殺された事件だった。

4月:シャーロッツヴィルの市議会でこの件が取り上げられ、3対2で撤去となったが、判事が「撤去の6ヶ月保留」裁定を出す。5人の市議のうち唯一の黒人で副市長を兼任するウェス・ベラミー氏は銅像撤去の件で脅迫状を受け取っているとのこと。

5月13日:アルト・ライト(極右グループの新しい名称)のリーダー、リチャード・スペンサーによる銅像撤去への抗議デモ。カウンター・グループと衝突し、短時間で終了。

7月8日:約50人のKKKメンバーが銅像付近でデモをおこない、1000人のカウンター・グループに囲まれる。

8月11日(金):今回のデモの前夜。ヴァージニア州立大学に松明(たいまつ)を持った数百人が集まり、銅像撤去反対集会。

8月12日(土):「ユナイト・ザ・ライト」Unite the Right と冠された白人至上主義者によるデモ。大混乱となり、死者1名を出す。

8月13日(日):今回の件をFBIが捜査すると発表。


■あきらめない白人至上主義者と、今後

 週が明けた8月14日(月)午後、トランプがようやく「白人至上主義者」「ネオナチ」を批判するスピーチをおこなう。

 同じく14日、アルタ・ライトのリーダー、リチャード・スペンサーが「9月11日、テキサス州にて『ホワイト・ライヴス・マター』White Lives Matter と銘打ったデモをおこなう」とCNNが報道。9.11同時多発テロが起こった日に、「ブラック・ライヴス・マター」への挑戦状以外の何物でもないネーミングのデモ。移民、とくにイスラム教徒と黒人への挑発であり、炎上目的であることは明らか。



 混沌のアメリカ。今後も予断を許さない展開となっている。

 

 

 

 



ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 02:29
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1231