RSS | ATOM | SEARCH
メラニア・トランプ:ファーストレディ公式写真を大公開
メラニア・トランプ:ファーストレディ公式写真を大公開

 メラニア・トランプがファーストレディとしての初の公式写真を公開した。その直前に息子バロンの学校終了を待ってホワイトハウスに移るという報道もあった。4月に開催されるホワイトハウス恒例のイースター・エッグロールと呼ばれるイースター(感謝祭)のイベントにも出席するらしい。


メラニア・トランプ、ファーストレディとしての初公式写真


 というか、膨大な数の親子連れをホワイトハウスに招待し、大統領夫妻が子供たちと遊んだり、絵本の朗読をしたりするイースター・エッグロールは代々ファーストレディが主宰してきた。けれど当初メラニアはホワイトハウスに移る気配がなく、本来ならとっくに始めていなければならない準備も進んでおらず、今年、イースター・エッグロールは果たして開催されるのだろうかと訝っていた。

 それはさておき。

 メラニアはいろいろ言われているけれど、個人的には特にネガティブな思いはない。きっとそもそもの性格や、外国出身で英語にハンデがあり、公式イベントでの他国のファーストレディとの会話や、米国内でのファーストレディ主宰イベントの仕切りなど、考えただけでウンザリしているだけではないだろうか。

 そう考えると大統領に立候補する者は自身の適正だけでなく、パートナーの適正も考慮しなければならないことになる。ミシェル・オバマは夫バラクがイリノイ州の上院議員に立候補した時点で自分のキャリアに支障が出ることを憂えた。まして大統領に立候補など、それこそ「勘弁してよ」だったらしい。それでもなってしまったからにはファーストレディ業に全力を尽くし、自分も楽しんでしまった。これは凄い能力だと思う。

 でも、それはミシェルの性分というか、能力であって、それをメラニアにも求めるのは気の毒な気がする。

 逆に言えば、大統領の妻はファーストレディという名の在宅専業主婦にならなければならない暗黙の掟をメラニアは打ち破るかもしれないと、少々の期待はあった。

 しかし、メラニアと息子バロンがニューヨークに留まると天文学的な警備費用をニューヨーク市が払わなければならず、ニューヨーク在住納税者として、そこには反対の署名をさせていただいた。(50万人ほどの署名が集まった)


 ■メラニア・ファンはいい加減にしろ

 メラニアではなく、メラニアの「ファン」には言いたいことが結構ある。まずは、トランプ当選の瞬間も、今回の公式写真の公開に際しても「これでホワイトハウスに気品が戻った」という書き込みが散見されたことだ。言わずもがな、「黒人のファーストレディなんてとんでもない!」の婉曲表現だ。当選時には勢いに乗ってミシェルを「猿」呼ばわりする者もいた。黒人=猿という古典的なステレオタイプだ。


ミシェル・オバマ第2期2013の公式写真(ノースリーブ。当然)


 ファーストレディに「気品」を求めるメラニア・ファンが大統領には気品のカケラも求めない不思議もある。そもそもメラニアが昔、移民として不法就労していた疑い、さらにモデルとしてヌードグラビアを撮影していた件も放置し、まるで無かったことのように振る舞っている。もし「黒人」のミシェル・オバマが同じことをしていたら、それこそ袋叩きだったはずだ。

 というわけで、メラニアのファーストレディ公式写真、フォトショだの(セレブは皆されてるし)、巨大なダイヤモンドの指輪の向きだの(笑えるけど)、まあ、そんなことはどうでもいいではないか。

 (現在、とんでもなく話題になっているミシェル・オバマの「ナチュラル・ヘア」写真については、今週のmess-y.comに書きます)



連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第15回「オバマ大統領が書いた絵本『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』 」+(バックナンバー)






ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 19:53
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:53
-, -
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1218