RSS | ATOM | SEARCH
アメリカのセレブは移民だらけ。政治家からラッパーまで
アメリカのセレブは移民だらけ。政治家からラッパーまで

日本で生まれ育ったタイ国籍の高校生、ウォン・ウティナン君(16)のタイ強制退去の判決が覆らずのニュース。

アメリカは国籍について出生地法を採っており、アメリカで生まれた子どもは親の国籍や米国滞在資格の有無を問わず、アメリカ国籍を取得する。言わずもがなの移民国家であり、移民から生まれた二世たちの人口は膨大で、あらゆる分野で活躍している。もっともよく知られているケースはオバマ大統領の父親がケニアからの留学生であったこと。トランプ次期大統領の母親も、実は18歳でスコットランドからニューヨークに移民としてやってきた女性だった。

アメリカ人でありながら他国の文化も受け継ぎ、広い視野を持つ二世たち。今、アメリカを支え、まさにアメリカをアメリカたらしめている二世たちを数え上げようとするとキリがない。そこで、その世代の親、外国からやってきた移民一世の中で格段の活躍をしている(していた)人たちをリストアップしてみた。

古い世代はナチスの迫害やキューバ危機を逃れた亡命者だ。貧しい祖国から経済的な理由でやって来た者もいる。俳優や野球選手など、プロとしての活躍の場を求めて来た者もいる。たとえばラッパーのニッキー・ミナージはカリブ海のトリニダードに生まれ、母親が経済移民としてニューヨークに移ったためにニッキーも子ども時代にやってきている。同じ世代のシンガー、リアーナもカリブ海バルバドスの出身だが、中流家庭に育ち、シンガーとして見初められてアメリカに渡っている。

こうしたセレブ移民は国籍もまちまちだ。アメリカ国籍を取得し、祖国との二重国籍になっている者、米国籍を取得せず、祖国籍だけの者、アメリカ国籍のみとなっている者もいる。

法に於ける国籍はさておき、こうした人々がアメリカを形作っているのである。

■政治家

マデレーン・オルブライト
出生国:チェコスロバキア
本名または出生時の名前:Marie Jana Korbelová
※国務長官(クリントン政権)
※初の女性国務長官


ヘンリー・キッシンジャー
出生国:ドイツ
本名または出生時の名前:Heinz Alfred Kissinger
※国務長官(ニクソン政権)


テッド・クルーズ
出生国:カナダ
本名または出生時の名前:Rafael Edward Cruz
※上院議員。今回の大統領選に立候補した際、カナダ生まれであることから大統領の資格を問われた


イレイン・チャオ
出生国:台湾
本名または出生時の名前:Elaine Lan Chao
※労働省長官(ブッシュ政権)
※運輸省長官(トランプ政権)


カルロス・グティエレス
出生国:キューバ
本名または出生時の名前:Carlos Miguel Gutiérrez
※商務長官(ブッシュ政権)


エイドリアノ・エスパリアート
出生国:ドミニカ共和国
本名または出生時の名前:Adriano D. Espaillat Cabral
※下院議員(2017〜)
※初の元違法移民下院議員


■俳優

ハリウッドでは実に多くのカナダ、イギリス、オーストラリアといった英語圏他国からの俳優が活躍しており、アメリカ人映画ファンもアメリカ人俳優だと信じているケースが多々ある


キーファー・サザーランド
出生国:イギリス(カナダ系)
本名または出生時の名前:Kiefer William Frederick Dempsey George Rufus Sutherland


ドナルド・サザーランド
出生国:カナダ
本名または出生時の名前:Donald McNichol Sutherland


アーノルド・シュワルツネッガー
出生国:オーストリア
本名または出生時の名前:Arnold Alois Schwarzenegger
※元カリフォルニア州知事


ミラ・クニス
出生国:ウクライナ(ソ連)
本名または出生時の名前:Milena Markovna Kunis


ナタリー・ポートマン
出生国:イスラエル
本名または出生時の名前:Neta-Lee Hershlag


キアヌ・リーヴス
出生国:ベイルート(カナダ国籍)
本名または出生時の名前:Keanu Charles Reeves


シャーリーズ・セロン
出生国:南アフリカ共和国
本名または出生時の名前:Charlize Theron


■ミュージシャン

特筆すべきはヒップホップ・ミュージシャンにカリブ海諸国からの移民が多いこと。カリブ海系移民からアメリカで生まれた二世のヒップホッパーになるとノトーリアスB.I.G.を筆頭に無数におり、リストアップはもはや不可能


ジーン・シモンズ
出身国:イスラエル
本名または出生時の名前:Chaim Witz
※ハードロック、KISSメンバー


グロリア・エステファン
出生国:キューバ
本名または出生時の名前:Gloria María Milagrosa Fajardo García
※ラテン


ヨーヨ・マ
出生国:フランス(中国系)
本名または出生時の名前:Yo-Yo Ma
※クラシック


シャナイア・トワイン
出生国:カナダ
本名または出生時の名前:Eilleen Regina Edwards
※カントリー


リアーナ
出生国:バルバドス
本名または出生時の名前:Robyn Rihanna Fenty
※R&B


ニッキ・ミナージ
出生国:トリニダード・トバゴ
本名または出生時の名前:Onika Tanya Maraj
※ヒップホップ


DJクール・ハーク
出身国:ジャマイカ
本名または出生時の名前:Clive Campbell
※ヒップホップ


グランドマスター・フラッシュ
出身国:バルバドス
本名または出生時の名前:Joseph Saddler
※ヒップホップ


ダグ・E・フレッシュ
出生国:バルバドス
本名または出生時の名前:Douglas E. Davis
※ヒップホップ


ワイクリフ・ジーン
出生国:ハイチ
本名または出生時の名前:Wyclef Jeanelle Jean
※ヒップホップ


ペパ(ソルトンペパ)
出生国:ジャマイカ
本名または出生時の名前:Sandra Denton
※ヒップホップ


リック・スリック
出生国:イギリス(ジャマイカ系)
本名または出生時の名前:Ricky Martin Lloyd Walters
※ヒップホップ


J・コール
出生国:ドイツ(米軍基地)
本名または出生時の名前:Jermaine Lamarr Cole
※ヒップホップ
※大統領候補だったジョン・マケインも含め、米軍兵士の子として海外の米軍基地で生まれるアメリカ人は多く、このケースは「移民」ではない


■その他

オスカー・デ・ラ・レンタ
出生国:ドミニカ共和国
本名または出生時の名前:Óscar Arístides Renta Fiallo
※ファッションデザイナー


イマン
出生国:ソマリア
本名または出生時の名前:Zara Mohamed Abdulmajid
※モデル、デヴィッド・ボウイ未亡人


■スポーツ

プロ野球は最も外国生まれの選手が多いスポーツと思われる。2015年、868選手中、27%にあたる230人が外国人。最多のドミニカ共和国83人、ベネズエラ65人、国交の無かったキューバ18人を含むカリブ海中南米がほとんど。日本人も9人。ニューヨーク・ヤンキースは特に外国人選手の多いことで知られる


ロビンソン・カーノ
出生国:ドミニカ共和国
本名または出生時の名前:Robinson José Canó Mercedes
※NBLプロ野球選手


パトリック・ユーイング
出生国:ジャマイカ
本名または出生時の名前:Patrick Aloysius Ewing
※元NBAプロ・バスケットボール選手


上記の移民セレブはほんごく一部。テクノロジー、医療、ビジネス、アカデミックなど他の分野にもまだまだいる。さらに重要なのは、世間に名を知られるほどの人物は移民のごくごく一部であること。多くの移民は名も無き市井の人としてアメリカの一部を成し、アメリカを支えているのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒューマン・バラク・オバマ
第1回:父親としてのオバマ大統領〜「私はフェミニスト」
第2回:バラク・オバマは「黒人」なのか〜人種ミックスの孤独
第3回:マイ・ブラザーズ・キーパー〜黒人少年の未来のために
第4回:“二重国籍疑惑”の大統領候補たち〜「生まれつきのアメリカ人」とは?
第5回:ドナルド・トランプを大統領にしてはいけない理由
第6回:大統領はクリスチャン〜米国大統領選と宗教





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:ブラックカルチャー, 07:18
comments(1), trackbacks(0)
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2016/12/08 5:04 PM









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1197