RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ハッピー・サンクスギビング、トランプ!

ハッピー・サンクスギビング、トランプ!


11月24日はサンクスギビングだった。由来はともかく、今では家族で集まりターキーディナーを囲む日となっている。日本のお正月やお盆の感覚だ。前日は帰省ラッシュが起こるし、この日にターキーを食べられないのは日本人がお正月にお雑煮が食べられないのに等しい。恵まれない人々には食材が無料で配られ、ホームレス・シェルターなどではターキー・ディナーが振る舞われる。

しかし、今年のサンクスギビングは家族との団欒を諦めた人もいた。ドナルド・トランプ支持/不支持を巡って家族と諍いになり、このまま集ってもせっかくの場で再度の論争勃発は免れないからと自宅に留まる人たちが出たのだ。

というわけで、アメリカ人にとってかけがけのない祝日まで台無しにしたトランプの、ここ最近のニュースをまとめてみる。内容は玉石混淆だが、要は選挙日以来ずっと気分が晴れないままでいる筆者の憂さ晴らし的まとめなので悪しからず。

■メディア・サミット

11月21日、トランプは主だったメディアのCEOやアンカーパーソン30〜40人程度を自身の本拠地、トランプタワーに呼びつけ、会合を開いた。内容はオフレコとされたがリークした情報によると、要は選挙戦中にさんざんトランプ・バッシングを続けたメディアへの憤怒の炸裂と、以後の報道姿勢への威嚇行為だったと思われる。ニューヨーク・ポスト紙はトランプが「我々は嘘つきの部屋にいる」と言い続けたとしている。

■天敵ニューヨーク・タイムズにも一撃

翌日にはトランプにとってメディア界最大の天敵、ニューヨーク・タイムズ紙の本社に自ら赴いてのミーティング。こちらは当日の朝にいったんドタキャンするも結局、その日の午後に開かれた。ミーティングは同席したタイムズ記者たちがツイッターで実況中継するスタイル。トランプはタイムズ社主に対して一応、温厚な態度で話を始めながらも、「選挙中はずいぶん粗っぽく、不公平に書いてくれたな」攻撃を4分間も続けた、首席戦略官&上級顧問に任命したスティーヴン・バノンが主宰する極右メディア、ブレイトバートを「単なるメディアだ」などと発言 (´・_・`)

■CNNの密かな報復

メディア・サミットに呼び出されたCNNのウォルフ・ブリッツァーが、ひっそり反撃を企てていた。22日にオバマ大統領から自由勲章を授与され涙ぐんだエレン・デジェネレスの番組での企画。先にも書いたように今年のサンクスギビングは家族の食卓が揉めるので、「予めTVの有名キャスターを仲介役にオーダーできます」というジョーク・ビデオを作ったのだ。

ある家庭に出向いたブリッツァーはいつもの沈着冷静なトーンで家族の言い争いを裁き、ファクトチェックも行う。やがて一家の祖母が「バラク "フセイン" オバマが窃盗を合法化したと聞いたわ」 ブ「それは全くもって間違っています」 祖母「じゃあ、私のメガネはどこよ?」 ブ「あなたの頭にありますよ」

オバマ大統領を「ケニア生まれ」「イスラム教徒」と言い続けたトランプおよび支持者を笑い者にしたのだ。

■気分はすでに大統領

オバマ大統領夫妻がターキーディナーの配膳ボランティアをしていたサンクスギビング前日、トランプは大統領による恒例のサンクスギビング・ビデオ・メッセージのコピーのような代物をアップしていた。ホワイトハウスっぽく見える背景に星条旗を配し、「アメリカはひとつになりましょう」とのたまった。このビデオがアップされた時点で、トランプはすでにフロリダ州パームビーチのリゾートに飛んでいたのだが。

■ニューヨークは1日100万ドルを払う

年が明けるとトランプはホワイトハウスに移るが、妻メラニアは10歳の末子バロンの転校を避けるためにニューヨークに留まると発表された。そのためニューヨーク市もトランプタワーや学校の警備を行わねばならず、かつトランプ自身も頻繁にニューヨークに戻ってくるため、警備の費用がなんと1日あたり100万ドルと算出された。ニューヨーク市民のうちトランプに投票したのはわずか18%に過ぎないが、そのニューヨーカーの、いわゆる血税がトランプ警備に使われてしまうのである。

ちなみにバロンは来年6月に今の学年を終えるとワシントンD.C.に移るのか、それとも高校までのプライベート一貫校につき、そのまま通い続けるのか。穿った見方をすれば、英語力の面からファーストレディとして役不足になるであろうメラニアを意図的に遠ざけておくための策かと思えたりもするかもしれなかったりもするするのである。

■シークレットサービスは300万ドルを払う。トランプに。

こうして妻子がニューヨークに残るため、シークレットサービスがトランプタワーの2フロアを貸し切り警備。家賃が年間300万ドル。大家は言うまでもなくトランプ本人。

■149ドルのクリスマス・オーナメント

最上階にトランプが住むマンハッタンのトランプタワー、一階と地階は一般に解放されており、土産物屋がある。以前はトランプ印の金の延べ棒型の貯金箱など品のないモノを売っていたが、今は例の「Make America Great Again」(アメリカを再度偉大にする)aka #MAGA の野球帽が売れているらしい。ついでにその帽子のミニチュアで14金を施したクリスマス・オーナメントがアマゾンで149 ドル(!)で売り出され、すでにソールドアウト。しかし、商品レビュー欄が★ひとつのジョーク・レビューで溢れかえってしまった。



「もっとまともなオーナメント(ヒラリー)を注文したにもかかわらず、これが届いてしまった」「メイド・イン・チャイナだ」「買いたいがメキシコに支払わせるオプションがない」「(オーナメントによって)ツリーが私の妻にとても攻撃的になってしまった」etc.,

そして、トランプ・ストアのウエブサイトでは、すでに「第45代大統領」のロゴ入りグッズが多種多様売られているのである。OMG.

■授業には2回しか出席せず

トランプは当選後、ホワイトハウスでの機密情報会議に2回しか出席しておらず、これは歴代の次期大統領に比べると格段に少ないらしい。ケタ外れに外交知らないんだから出席しろ。というか、自分でやる気がないのである。担当長官に丸投げするつもりなのであろう。

■仇敵は土下座の上、召し上げる

トランプ組閣が進む中、国務長官には元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニと、前回の大統領選で共和党候補となったミット・ロムニーの名が上がっている。しかしロムニーは今回の選挙戦中、トランプ絶対反対を唱え、結局、見つけられずに終ったがトランプに対抗する候補者を探すことまで行っている。

その "謀反" を鑑み、トランプ陣営はロムニーに「国務長官になりたければ、選挙期間中の非礼を公式に謝罪せよ」と通告しているとの報道があった。絶対に許さない人間というのはいるものだが、仮にロムニーが「ごめんなさい。ボクが悪かったです」と謝って国務長官になったとして、そんな関係性で政権はうまく機能するのだろうか。特に外交は国務長官に丸投げ予定なのに。

いずれにせよアメリカ、次はクリスマスである。クリスマス2016に幸あれ。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒューマン・バラク・オバマ
第1回:父親としてのオバマ大統領〜「私はフェミニスト」
第2回:バラク・オバマは「黒人」なのか〜人種ミックスの孤独
第3回:マイ・ブラザーズ・キーパー〜黒人少年の未来のために
第4回:“二重国籍疑惑”の大統領候補たち〜「生まれつきのアメリカ人」とは?
第5回:ドナルド・トランプを大統領にしてはいけない理由
第6回:大統領はクリスチャン〜米国大統領選と宗教





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:大統領選, 09:35
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:35
-, -
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1196