RSS | ATOM | SEARCH
「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌う資格 〜 "アメリカ人" の定義。
「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌う資格 〜 "アメリカ人" の定義。

必要があってあれこれ検索していて、偶然この画像に行き当たった。

3年前、メジャーリーグのオールスター戦開幕時にサルサ・シンガーのマーク・アンソニーが『ゴッド・ブレス・アメリカ』を歌うことになった。すると「なんでメキシコ人が」と文句を言う者たちが現れた。中にはラティーノへの侮蔑語を使う者もいた。

ちなみに野球選手には中南米各国からのラティーノが多い。アレックス・ロドリゲス選手もアメリカ生まれのドミニカ共和国系だった。つまり野球が上手ければ選手としてなら使ってやるが、ラティーノにアメリカを象徴させるわけにはいかないということなのだろう。

以下はその時のマーク・アンソニーのコメント。

「私はニューヨークで生まれ育った。私はアメリカ人で、プエルトリコ人で、プエルトリコは米国領だ」

「この曲を作ったアーヴィング・バーリンはロシア生まれのユダヤ系移民だった」

「私にこの曲を歌う資格がないなら、誰ならいいのだろう」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒューマン・バラク・オバマ 第1回:父親としてのオバマ大統領〜「私はフェミニスト」

ヒューマン・バラク・オバマ 第2回:バラク・オバマは「黒人」なのか〜人種ミックスの孤独

ヒューマン・バラク・オバマ 第3回:マイ・ブラザーズ・キーパー〜黒人少年の未来のために

ヒューマン・バラク・オバマ 第4回:“二重国籍疑惑”の大統領候補たち〜「生まれつきのアメリカ人」とは?

ヒューマン・バラク・オバマ 第5回:ドナルド・トランプを大統領にしてはいけない理由




ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)

author:堂本かおる, category:ラティーノ, 06:05
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1190