RSS | ATOM | SEARCH
撃たれ続ける黒人男性(障害者施設セラピスト)〜警官が抱える恐怖心

 

撃たれ続ける黒人男性(障害者施設セラピスト)
〜警官が抱える恐怖心

 

 

あなたがニューヨークを一人旅で訪れているとする。何故か人通りの少ない道に迷い込んでしまい、不安になってきた。この時、警官を見掛ければホッとするに違いない。駅までの道を聞けば教えてくれる。あなたは、できればこのまま駅まで一緒に歩いて欲しいと思うに違いない。

 


しかし、地元の黒人男性なら話は違う。自分は独り、NYPDは常にコンビでパトロールするから、あちらは2人。回りに誰もいない。ここで警官に何かされたら目撃者もいない。だから唐突な動きはしない。ポケットに手も入れない。その動作は死をも招く。無事にすれ違うまで平静を装い、淡々と歩く。もし声を掛けられたら、聞かれたことにのみ答え、口答えはしない。そして無事、解放されるまで、やはり平静を装う。犯罪歴など無く、後ろ暗いことが何も無くとも、同じだ。

 


 


7月18日。フロリダ州ノースマイアミで黒人男性が警官に脚を撃たれた。この男性、チャールズ・キンゼイ氏は警官に対して黒人男性が「してはいけないこと」を全てやらなかった。それどころか、自ら路上に横たわり、両腕を上げ、自分の職業と状況説明をし、つまり撃たれないために「すべきこと」を全てしたにもかかわらず、それでも撃たれてしまった。

 


キンゼイ氏は障害者施設に勤務するセラピスト。この日、自閉症の23歳の青年が施設を抜け出したため、連れ戻そうとしていた。ところが、青年が持っていたトラックのオモチャを銃と見間違えた近隣の住人が警察に電話。警官が駆け付けた時点でキンゼイ氏はここ最近の警官による黒人射殺事件と、元米兵の黒人による警官射殺事件を思い、地面に寝、両手を上げた。

 


この辺りから目撃者がビデオ撮影を開始。キンゼイ氏は自分の足下に座り込んでいる青年に「腹這いになれ」と言うが、普段はキンゼイ氏と仲が良いとされる青年は「黙れ!マヌケ!」と叫び返し、言うことを聞かない。

 


キンゼイ氏はすでにライフルを構えている警官に対し、「彼が持っているのはオモチャのトラックだけです。私は施設のセラピストです」「銃は必要ありません」と大きな声で伝えている。

 

黄緑のシャツが障害者施設セラピストのキンゼイ氏。グレーのシャツは自閉症の青年。

 


ここでいったん映像が切れ、警官が3発撃ち、1発がキンゼイ氏に当たった後に再開している。キンゼイ氏と青年は共に路上に腹這いで手錠をかけられている。ビデオ撮影をしている人たちの会話が録音されている。

 


「どうして太ったやつ(青年)じゃなくて、黒人が撃たれたんだ?」
「なぜって、黒人の件だよ」

 


黒人の件とは、先述の射殺事件のことと思われる。

 


キンゼイ氏は収容先の病院で地元TV局のインタビューを受けた際に、撃たれた直後、警官に「サー(Sir),  なぜ、私を撃ったんですか?」と聞いたと言っている。

 


警官の答えは「I don't know.」(分からない)だった。

 


 


これまで何度も書いてきたように、こうした事件の根本の原因は警官が抱える黒人への恐怖心だ。子どもの頃から周囲の大人やメディアによって染み込ませられた黒人への恐怖。それは警官になっても消えることはない。だから「撃たれる前に撃て」となる。相手が「障害者施設のセラピスト」と名乗っても、その声が耳に入ることはない。相手は「黒人」なのだ。

 


事件翌日の警察発表は「警官は青年が銃を持っていると思い、キンゼイ氏の安全のために青年を撃ったつもりがキンゼイ氏に当たった」

 


警官組合の談話は「事故だった。警官も時には間違いを冒す。警官はコンピュータでもロボットでもない。神の創造物だ」

 

 

 


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ハーレム・ゴスペル・ツアー
 ハーレム散策+迫真のゴスペル!

ブラックカルチャー100%体感ツアー
 ハーレムをじっくり歩いて知る黒人史・文化・現状
http://www.harlemjp.com/
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 19:00
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1179