RSS | ATOM | SEARCH
「アメリカであなたが黒人なら殺される23の理由」 〜アリシア・キーズ

「アメリカであなたが黒人なら殺される23の理由」

 〜アリシア・キーズ

 

止まらない黒人への警察暴力と、黒人の生命の貴重さを訴えるカウンター運動ブラック・ライヴズ・マター。アメリカは今も大揺れに揺れている。


その最中、R&Bシンガーのアリシア・キーズがビヨンセ、リアーナ、レニー・クラヴィッツ、マックスウェル、A$APロッキー、ボノなど錚々たるメンバーを集めて「We Are Here Movement」を起こした。


7月13日にアップされたビデオ「アメリカであなたが黒人なら殺される23の理由」には、過去に主に警察暴力によって命を落とした黒人たちの名と、死に追いやられた理由が延々と23件分続く。



これほどたくさんの人が殺された理由は「雨の日にフーディを被っていた」「子どもが公園で玩具の銃で遊んでいた」「自宅アパートの遅いエレベーターの代わりに非常階段を使っていた」など、いずれも誰もが日常生活で何も考えず、ごく普通のおこなう行動だ。しかし黒人であれば、その代償が時には「死」、しかも警官の放つ銃弾によるものとなってしまう。



以下がそのリスト。



1)サンドラ・ブランド(28)
2015年7月13日
テキサス州ウォラー
「車線変更時に方向指示器を未灯火」
(※留置所内で死亡)

 

 

2)フィランド・カスティリョ(32)
2016年7月6日
ミネソタ州ファルコンハイツ
「恋人の車を運転」

 

 

3)レマーリー・グラハム(18)
2012年2月2日
ニューヨーク市ブロンクス
「自宅アパートのトイレへ走り込む」

 

 

4)エリック・ガーナー(43)
2014年7月17日
ニューヨーク市スタテンアイランド
「雑貨屋の前でタバコを販売」
(※警官に羽交い締めにされ、窒息死)

 

 

5)オスカー・グラント(22)
2009年1月1日
カリフォルニア州オークランド
「電車に乗る」

 

 

6)グレッグ・ガン(58)
2016年2月25日
アラバマ州モントゴメリー
「友人と自宅へ向って歩く」

 

 

7)フレディ・グレイ(25)
2015年4月12日
メリーランド州ボルティモア
「目を合わせる」
(※警察署へ向う警察車輛の中で負傷、死亡)

 

 

8)アルトン・スターリング(37)
2016年7月5日
ルイジアナ州バトンルージュ
「スーパーマーケットの前でCDを売る」

 

 

9)トレイヴォン・マーティン(17)
2012年2月26日
フロリダ州サンフォード
「フーディを着る」
(※自称自警団の男性に射殺される)

 

 

10)マリオ・ウッズ(26)
2015年12月2日
カリフォルニア州サンフランシスコ
「警官から歩き去る」

 

 

11)ラクアン・マクドナルド(17)
2014年10月20日
イリノイ州シカゴ
「警官に歩み寄る」

 

 

12)サミュエル・デュボース(43)
2015年7月19日
オハイオ州シンシナチ
「前部のナンバープレート紛失」

 

 

13)タミア・ライス(12)
2014年11月23日
オハイオ州クリーブランド
「オハイオの公園でモデルガンを手に持つ」
(※同州は銃の携帯が合法)

 

 

14)ウォルター・L・スコット(50)
2015年4月4日
サウスカロライナ州ノースチャールストン
「ブレーキライトの壊れた車を運転

 

 

15)ショーン・ベル(23)
2006年11月25日
ニューヨーク市クイーンズ
「婚前パーティの前に自分の車の中に座る」

 

 

16)アカイ・ガーリー(28)
2014年11月20日
ニューヨーク市ブルックリン
「自宅アパートのビルの非常階段を使う」

(※射殺した警官はアジア系)

 

 

17)レニシャ・マクブライド(19)
2013年11月2日
ミシガン州ディアボーンハイツ
「事故の後に助けを呼ぶ」

 

 

18)インディア・M・ビーティ(25)
2016年3月19日
ヴァージニア州ノーフォーク
「ヴァージニア州でモデルガンを手に持つ」
(※同州は銃の携帯が合法)

 

 

19)

クレメンタ・ピンクニー(41)
シンシア・ハード(54)
シャロンダ・コールマン・シングルトン(45)
ティワンザ・サンダース(26)
エセル・ランス(70)
スージー・ジャクソン(87)
ディペイン・ミドルトン・ドクター(49)
ダニエル・シモンズ(74)
マイラ・トンプソン(59)
2015年6月17日
サウスカロライナ州ノースチャールストン
「聖書勉強会へ向う」
(※白人青年が黒人教会で銃を乱射)

 

 

 

20)ジョン・クロフォード(22)
2014年8月5日
オハイオ州ビーバークリーク
「ウォルマートでBB銃を手に持つ」
(※量販店の棚に陳列されていた銃を手にしていた)

 

 

21)レキア・ボイド(22)
2012年3月21日
イリノイ州シカゴ
「笑う」

 

 

22)アマドゥ・ディアロ(23)
1999年2月4日
ニューヨーク市ブロンクス
「サイフを掴む」
http://www.nybct.com/5-04-MM2000-5.html

 

 

23)ジャマル・クラーク(24)
2015年11月15日
ミネソタ州ミネアポリス
「誕生パーティに参加」

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ハーレム・ゴスペル・ツアー
ハーレムをじっくり歩き、迫真のゴスペルを体感!
http://www.harlemjp.com/

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

author:堂本かおる, category:アメリカ文化・社会, 18:00
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1174