RSS | ATOM | SEARCH
200ドルの札束〜ハロウィンパーティ

以下、ハロウィンパーティに関するツイートのまとめ + ハーレム定番ダンスソング


1)息子の小学校のハロウィン・パーティで腰を抜かした件。ブロンクスのプロダクション協賛のダンス・コンテストがあって息子が優勝した。賞金は200ドル(ここでまず「え!小学生に!」と驚く)


2)プロダクション所属のラッパーのお兄さんに呼ばれて息子は会場中央に。そこで渡されたのは、1ドル札ばかり200枚を束ねた「札束」だった!


3)驚く息子本人と、本人以上に盛り上がる子どもたち。たくさんの子が、ギャングスタ・ラッパーがビデオでやってるアクション、札束を片手に持って、もう一方の手で札を手裏剣みたいにバラまく、をやれやれ!と囃し立てる。


4)この全容をおそらく知らされていなかった校長先生(おっとりした白人男性。トイストーリーのウッディの仮装・笑)は息子の背後で目を白黒。親の私も目を白黒。あぁ、ハーレム…、あぁ、ブロンクス……


5)DJのかけた曲、エレクトリック・スライド、チキンヌードルスープ、ハーレム・シェイクは定番なれど、今日はBobby Shmurda かけたから、これもびっくりした。


6)200ドルの札束 for 小学生 at ハーレム。



7)ハロウィン札束事件。なんだかんだ言いながら、あれが黒人社会の一部の反映。「あれにどっぷり、あれしか知らない」は困るけれど、メインストリーム文化も教えることで、黒人の子どもはアメリカ文化の二極バイリンガルになれる。


蛇足)黒人の子が文化バイリンガルになれるのと違って、白人の子がギャングスタラップをBGMに札束撒いても「タダの黒人ワナビー」となる。#ダブルスタンダード


↓ ハーレムでは小学生も踊る定番ナンバー

Webstar, Young B 「Chicken Noodle Soup」 ft. AG aka The Voice of Harlem

Cali Swag District 「Teach Me How To Dougie」

Marcia Griffiths 「Electric Boogie (The Electric Slide)」

Mr. C The Slide Man 「Cha-Cha Slide」




ハーレムツアー(ブラックカルチャー100%体感!) LOGO

歴史的黒人大学を含むアメリカ留学サポート U.S. College Connection はここをクリック!





author:堂本かおる, category:ハーレム, 21:55
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://nybct.jugem.jp/trackback/1166