RSS | ATOM | SEARCH
『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』渡辺由佳里(著)を読む。
『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』渡辺由佳里(著)を読む。

 日本の人がとっくにトランプに飽きているのは承知だが、トランプは今後もいろいろと騒動を起こすと断言できる。しかも、次のアメリカ大統領選はすぐにやってくる。というか、もう始まっている。すでに何人か、立候補するつもりだろうと思える政治家がいる。彼らはまだはっきりと立候補宣言はしていない。時期尚早だ。しかし、読めないトランプの動向、混乱の極みにある共和党内部の動向、政権奪回を賭けた民主党の動向、今回の選挙で思わぬ動きを見せた有権者の動向、そして立候補しそうな他の政治家の動向を無理矢理に読みつつ、日々戦術を練っているはずだ。


『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』渡辺由佳里(晶文社)

 『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』は米国マサチューセッツ州在住のエッセイスト/洋書レビュアー/翻訳家の渡辺由佳里氏が2016年の大統領選を描いた一冊だ。とはいえ、トランプのことのみが書かれているわけではない。

 前半はアメリカ大統領選の複雑な仕組み、過去の大統領と大統領選時の出来事が分かりやすく書かれており、今回のトランプ vs. ヒラリー戦に興味を持った人には次回2020年大統領選をより深く理解する助けになるだろう。

 著者はマサチューセッツ州レキシントンという歴史あるリベラルな街に暮しており、そこで一般の人々が自宅の「リビングルーム」で民主主義を大切に育んでいる様子を、住人ならではの体験談として描いている。まさにアメリカン・デモクラシーの根っこの描写であり、日本の民主主義との違いが分かって興味深い。

 同時に、著者も書いているようにアメリカは人種、所得、政党、思想などの組み合せが非常に複雑で、かつ似た背景を持つ者が固まって暮す国ゆえ、高学歴・高所得の白人が多いレキシントンの事情と、他の州、他の都市の事情はまったく異なる。

 だからこそ著者はトランプの政治集会に足を運び、数千人の中低所得白人支持者に囲まれ、トランプ熱に浮かされての攻撃的な態度に居心地の悪い思いを敢えてする。予備選期間中はサンダースの集会にも飛び、そこでは「バーニー・ブロ」と呼ばれた若い白人男性の革命熱を目の当たりにしている。良くも悪くも強烈な個性を放つトランプとサンダースに挟まれ、ヒラリーの選挙キャンペーンはどれほど波瀾万丈となったことか。

 そして、派手な選挙選の陰にはコーク兄弟やウィキリークスのアサンジが暗躍していた。

 後半は著者がそれそれの候補者と社会背景を分析し、良く言えば「多様性」、悪く言えば「分断」が進むアメリカの未来を占う。

 つまり本書に書かれているのは「すでに終った話」ではない。もうすぐそこ、目の前に迫っている2020年大統領選の本格的なスタートを迎える前に「準備」として読めば、きっと役立つ一冊である。





同作の中で紹介されているアメリカのベストセラー『ヒルビリー・エレジー〜アメリカの繁栄から取り残された白人たち』J.D.ヴァンス

連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第15回「オバマ大統領が書いた絵本『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』 」+(バックナンバー)






ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 19:35
comments(0), trackbacks(0)
2017年 アメリカ:「黒人である」という理由で殺される。

2017年 アメリカ:「黒人である」という理由で殺される。

 ニューヨークのマンハッタン。ある黒人男性が、白人至上主義者による「黒人狩り」の結果、殺された。

 以下は事件直後から4日後の現在に至るまでに複数のメディアが報じた内容をまとめたもの。いまだ全容は分かっておらず、事件の大筋として読んでいただきたい。

 容疑者ジェームズ・H・ジャクソン(28)はメリーランド州ボルティモア在住。3月17日(金)に「黒人を殺すため」に格安バスに乗ってニューヨークにやってきた。当初はボルティモアからほど近いワシントンD.C. での犯行を考えたが、メディアの耳目が集まることを期待して行き先をニューヨークに変えたとのこと。

 ジャクソンはタイムズスクエアのホテルに泊まり、ターゲットとなる黒人を探し歩いた。異人種カップル(おそらく黒人男性と白人女性)も目にしたらしいが、タイムズスクエアは人が多過ぎ、なかなか犯行に及べなかった。

 20日(月)の午後11時頃、ジャクソンはタイムズスクエアに隣接するヘルズキッチンと呼ばれるエリアで、レストランのゴミから缶やビンを回収していた黒人男性ティモシー・カウフマン(66)を見つけ、背後からナイフで刺した。ナイフは特殊な形状で、全長26インチ(66cm)、刃渡り18インチ(46cm)。



刃渡り46cmのナイフ -NYPD

 ジャクソンは刺した後に現場を歩き去り、大きなナイフで刺されたカウフマンは胸から血を流しながら最寄りの警察署まで自力で歩き助けを求めたが、後に死亡。

 事件から24時間少々が経過した22日の真夜中過ぎ、容疑者ジャクソンはタイムズスクエアの警察署に自首。当初は複数の黒人を殺すつもりであったこと、自分の思想を文章にまとめてあり、それをニューヨークタイムズに送るつもりであったこと、2本のナイフを持っていたこと、警官の銃を奪って犯行に使うことも考えたなどと供述している。悪びれた様子は全く無く、報道のカメラから顔を背けることもしなかった。


■白人の女に出を出すな。

 ジャクソンは2007年にボルティモアのクウェーカー学校の高等部を卒業。クウェーカーはキリスト教の教派のひとつであり、同校は小さく豊かな私学。同校のウエブサイトには現在の学費は年間28,650ドル(約320万円)とある。2009年に軍隊に入隊し、約1年間アフガニスタンに派兵。軍では何度か表彰されている。2012年の除隊後の動向は不明であり、後に家賃未払いでアパートの立ち退きを迫られている。当時の大家によると、ジャクソンは近所付き合いを一切せず、まったく生気のない人物だったとのこと。はっきりした時期は不明ながら、10代の頃より白人至上主義者となり、ヘイト・グループに属していたともある。黒人を嫌い、特に白人女性と付き合う黒人男性を憎んだとある。

 これは昔から人種差別主義者によく見られる傾向だ。「劣性な黒人が、優性な自分たち白人の女に手を出した」という人種差別、支配欲、所有欲、そしてコンプレックスがない交ぜになった怒り。それを利用し、情事が発覚した白人女性が「黒人男性に襲われた」と嘘を付くこともある。つい先日もテキサス州で白人女性(18)が半裸で礼拝中の教会に現れ、「3人の黒人男性に誘拐され、輪姦された」と訴える事件があった。警察によって虚偽であることが証明され、女性は逮捕。動機は不明ながら「白人男性に襲われた」より「黒人男性に襲われた」とするほうが信憑性があると考えてのことだったと思われる。


■犠牲者ティモシー・カウフマンの人生

 犠牲となったティモシー・カウフマンは事件現場付近にある一種のシェルターに、もう20年も住んでいたという。若い頃は大学に通い、地元ニューヨーク市クイーンズ区で若者に仕事を斡旋するNPOに長く務め、熱心に働いた。その後、コンサート・プロモーターの仕事をしたこともあると言うが、なぜシェルター住まいとなったのかは不明。

 しかしカウフマンのツイッター・アカウントを見ると、彼の生活や人柄が見えてくる。プロフィールには「缶とビンのリサイクラー。ニューヨーク市で(セレブの)サイン蒐集家で、カリフォルニアに行ってみたい。優れたビジネスマン」とある。服装はこざっぱりとしている。


殺害されたティモシー・カウフマン、昨年11月の大統領選日のツイート「投票の列に並んでいる。アメリカが好きだ」

 最近ではチャック・ベリーの訃報に触れており、あぁ、あの時はまだ元気に生きていたんだ……と驚かされた。もしかするとタイムズスクエア界隈ですれ違ったことがあるかもしれない。

 カウフマンは他にもビヨンセ、クイーン・ラティファ、リアーナ、アイス・キューブなどブラックミュージック・アーティストについての記事をよくリツイートしている。ワイクリフ・ジョンなど通りで見掛けたセレブとのツーショットもある。ボブ・ディラン、ビル・プルマン、デビー・レイノルズなど白人のエンターテイナーについてもRTがなされている。関心の幅が広い人だったようだ。オバマ大統領やオバマケア撤廃問題(66歳で無職のカウフマンには重要な問題だっただろう)、ヒラリー・クリントンについてのRTもある。

 読書家だったらしく、「セント・パトリック・デイに読むのに最適な本のリスト」をRTしている。(容疑者ジャクソンは奇しくもセント・パトリック・デイにニューヨークにやって来ている)

 自閉症についての記事が何度もRTされている。身近な誰かが自閉症だったのだろうか。

 昨年11月の大統領選の日には自撮りをアップし、「投票の列に並んでいる。アメリカが好きだ」と、珍しく自身のコメントを書き添えている。このツイートは事件後に5,500RTされ、18,000を超える「♥」が付いている。

 翌日には「おぉ、神様、なぜこんなことが起こったのですか?」と題されたトランプ当選の記事をRT。

 選挙の3日後には「トランプ当選後、米国でヘイトクライム急増」の記事をRT。あの時期、全米がトランプ当選のショック下にあった。カウフマンも黒人として自分も嫌がらせをされることがあるかもしれないくらいは考え、同時に自国の行く末を大いに憂慮したのではないかと思う。しかし4カ月後に、まさか命まで奪われることになろうとは、ついぞ考えなかったに違いない。

 犠牲者、容疑者、共に複雑な人生を送ってきたようだ。しかし犠牲者カウフマンは苦労をしながらも人生を楽しんでいたことが分かる。それがある日突然、「黒人である」というだけの理由で殺されてしまった。現場目撃者によると、刺された直後にカウフマンは容疑者に向って、信じられないといった様子で「君は何をしているんだ?」と言ったと言う。自分が刺された理由を思い付く時間もなく、カウフマンはこと切れたのではないだろうか。

 西暦2017年。今もアメリカでは「黒人である」というだけの理由で殺されてしまうのである。今、出来ることは容疑者の背景を詳しく調べ、同様の事件の再発を防ぐために役立てることだ。

 ちなみにトランプはロンドン・テロのアメリカ人犠牲者へのコメントは出しているが、カウフマンについては触れていない。

 犠牲者ティモシー・カウフマン氏に心からの哀悼の意を捧げる。





連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第15回「オバマ大統領が書いた絵本『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』 」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:人種問題, 14:43
comments(0), trackbacks(0)
アンチ・トランプは、アメリカ式きっついユーモアで。

アンチ・トランプは、アメリカ式きっついユーモアで。

 アメリカではアンチ・トランプ運動が延々と続いている。と言うよりアンチを唱えねばならない発言・行動・政策「オバマに盗聴された」「オバマケア撤廃→最悪の改定案」「トランプとロシアの繋がり」「超ゴルフ三昧で税金大浪費」などなど連日留まることを知らずに飛び出し、アンチを唱えても唱えてもキリが無いのだ。

 硬派なジャーナリストは真っ向から挑む。MSNBCのアンカーマン、ローレンス・オドネルは今夜の番組で自身の背後に「TRUMP GUILTY」(トランプは有罪だ)の大きな文字を写し続けていた。

 1月の大統領就任式翌日に「ウィメンズ・マーチ」を主宰した4人の女性活動家(パレスチナ系、アフリカン・アメリカン、ラティーナ、白人)はその後も「女性のいない日」など大規模な抗議活動を企画、実践し続けている。

 その一方でユーモアを武器にする人々がいる。以下は最近見掛けた「ちょっと欲しくなる」アンチ・トランプ・グッズたちだ。


■スーパーサイズ・ザ・レジスタンス



 3月16日、米国マクドナルドのツイッター公式アカウントにトランプをディスるツイートがなされた。

 「ドナルド・トランプ。実際、君はどーしようもない大統領だ。で、我々はバラク・オバマに戻ってきて欲しいわけ。あと、君の手は小さいよね」

 マクドナルド社は即刻このツイートを削除し、「何者かにハッキングされた」とコメントしたが、ネットでは「社内の誰かだよね」と囁かれている。

 このニュースを見たテキサスのある小さな会社が、マクドナルドのデザインを使ったアンチ・トランプ・グッズのブランド "Supersize the Resistance" (特大サイズの抵抗)をこれも速攻で立ち上げ、売り出した。ブランド名やTシャツに印刷されているフレーズはアメリカでのマクドナルドのキャッチフレーズや関連映画のタイトルに搦めたものだ。さらに「バラク・オバマに戻って欲しい」と書かれたトートバッグもある。

 レジスタンス(抵抗)を謳う割りにライトなデザインだが、収益は全額トランプ政権が廃止しようとして物議を醸している貧困層への食事配達サービス "Meals on Wheels" に寄付される。


■カボチャとパンツスーツ

 趣味の絵本をあれこれサーチしていて見つけたのが、この『The Pumpkin and The Pantsuit』(カボチャとパンツスーツ)だ。表紙には「実話に基づく」と書かれており、物語はこんなふうに始まる。

 「ごく最近のこと、それほど遠くはないところにカボチャとパンツスーツが暮していました」「ふたりは同じ輝く夢を持っていました」「ふたりとも大きくて白い家に住みたかったのです」…以下、ふたりが “白い家” を勝ち取るためにキャンペーンを繰り広げ…………


The Pumpkin and The Pantsuit


絵本のトレイラー。ビヨンセやファレルも登場

 この絵本はCNNのコメンテイター、ヴァン・ジョーンズの「今回の選挙を子どもにどう説明すればいいのだ?」という声に端を発して作られた。全米の(少なくとも半数の)家庭の親が同じ悩みを抱えていたのだ。


 収益はやはりNPOの "Children's Defense Fund" に寄付される。



大人向けにパロディ塗り絵も出ている。「ストレス解消にどうぞ」と書かれているが…



■ペットショップのウィンドゥに……

 この犬のオモチャを初めて見たのは昨年、大統領選真っ盛りの9月にワシントンD.C.に旅行した時だ。ホテルの近くのペットショップのウィンドウに飾られていた。その時はトランプとヒラリーだけだったが、後にニューヨークのペットショップでバーニー・サンダースを見掛けた。


写っていないがバーニー・サンダースもいる


 そして最近のこと、マンハッタンのチェルシーにあるペットショップでなんと新製品ビル・クリントンとプーチンを見掛けた。好評なのか、どんどんラインナップが広がっている。しかしオバマ大統領だけは無いようだ。犬に齧られてボロボロになるのが偲びなく、あえて作っていないのではないだろうか。(発売されれば買って、猫には与えず飾るのだが)


これは……


 メーカー "FUZZU" のウエブサイトには、哀れ犬や猫に弄ばれる政治家人形たちの写真がアップされている。


■怒れ、そして笑え。さらば道は開けん。

 今回のレジスタンス(抵抗)は長引く。眉間に皺を寄せ、拳を振り上げてアンチ行動を続けると同時に、こうして息抜きもしなければやっていられないではないか。だからこそトランプ、コンウェイ顧問、スパイサー報道官はもとよりイヴァンカ、2人の息子、果てはセッションズ司法長官のパロディまで続出する今シーズンの『サタデーナイトライブ』は記録的な高視聴率を稼ぎ出しているのである。民よ、怒れ、そして笑え。さらば道は開けん!





連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第15回「オバマ大統領が書いた絵本『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』 」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 17:01
comments(0), trackbacks(0)
オバマ大統領が書いた絵本『むすめたちへの手紙』〜アメリカの多様性〜ヒューマン・バラク・オバマ第15回
オバマ大統領が書いた「絵本」
 『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』
   〜ヒューマン・バラク・オバマ第15回


■人間としてのバラク・オバマと、彼がアメリカに与えた影響を描く連載■


 バラク・オバマは大統領時代に絵本を一冊出版している。大統領となった翌年、2010年に出された『of THEE I SING - A Letter to My Daughters』だ。(日本語版『きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙』)

(注:以下、英語版を元に書いていますが、いわゆるネタバレとなります)





 2人の娘、当時12才だったマリアと9歳だったサーシャへの手紙の形式で、アメリカの13人の偉人を紹介している。分野・時代・人種・性別・信仰がそれぞれに異なる以下の人々だ。

・ジョージア・オキーフ(画家、白人)
・アルバート・アインシュタイン(物理学者、ドイツからの移民、白人)
・ジャッキー・ロビンソン(野球選手、黒人)
・シッティング・ブル(スー族の長、ネイティブアメリカン)
・ビリー・ホリデイ(ジャズ歌手、黒人)
・ヘレン・ケラー(社会福祉活動家、視覚聴覚障害者、白人)
・マヤ・リン(デザイナー・アーティスト、中国系二世)
・ジェーン・アダムス(社会事業家、白人)
・マーティン・ルーサー・キングJr.(牧師・公民権運動リーダー、黒人)
・ニール・アームストロング(宇宙飛行士、白人)
・シーザー・チャベス(農場労働運動家、メキシコ系二世)
・エイブラハム・リンカーン(第16代米国大統領、白人)
・ジョージ・ワシントン(初代米国大統領、白人)


 絵本は「君たちがどれほど素晴らしいか、お父さん最近言ったことあるかな?」と、父バラクから娘たちへの問いかけで始まる。

 以後、一人の人物につき見開き2ページずつを割いていく。ともすれば「偉人伝」から抜け落ちる黒人、ネイティブ・アメリカン、アジア系、ヒスパニックが含まれているのは意図的だろう。移民、移民の親を持つ二世、障害者も含まれている。オバマ大統領はアメリカ白人の母親、ケニア人である黒人の父親、インドネシア人の義父を持つ。自身はクリスチャンだが、父と義父はイスラム教徒だった。妹は白人とアジアのミックス。その夫はアジア系アメリカ人なのでオバマ大統領の姪っ子は外観は完全にアジア系。オバマ大統領はアメリカ中のどの子どもも親近感とプライドが持てるよう13人を注意深く選んだのだろう。

 13人の職業もバラエティに富んでいるが、憲法学者であるオバマ大統領がリンカーンを深く敬愛していることはよく知られており、ここは当人的に外せなかったのだろうと微笑ましく感じる。

 どのページも最初に必ず「君たちは勇気があると、お父さん言ったことあるかな?」「君たちがクリエイティヴだと、お父さん言ったことあるかな?」「君たちは親切だと、お父さん言ったことあるかな?」と、やはり父が娘たちの長所を語る。

 続いて、各偉人の成したことをわずか4〜6行程度で簡潔に説明する。

 ここにオバマ大統領の文才が表れている。ちなみにオバマ大統領は過去に2冊の自伝をゴーストライターを使わずに書き、ベストセラーとしている。かつては多忙にもかかわらず、演説の原稿を自ら書いていた。ロースクール時代には大学院内新聞の編集長だった。大統領任期中は激務からの解放感を得るために読書をしたと言い、昨年、高校を卒業した長女マリアにはキンドルにたくさんの本を詰めて贈っている。バラク・オバマは本読みであり、かつ優れた文章書きなのである。

 たとえば、1947年に黒人初の大リーガーとなったジャッキー・ロビンソンは他の選手や観客から激しい人種差別を受けた。しかしオバマ大統領の文には「黒人」「白人」「人種」「差別」といった言葉は見当たらない。絵本画家ローレン・ロングによる、ホームランを打った瞬間であろうロビンソンの絵に「バットを優美さと強さで振る」「恐れを敬意に変える」と書き添えてある。

 最後のページにはアメリカは異なる人種,宗教、思想を持つ人々で出来ているとある。

 その後に手をつなぐ父と娘たちの姿がある。現代のアメリカに生きる娘たちはこうした過去の偉人たちと繋がっており、それが娘たちの未来に反映すること、そして父バラクが娘たちを心から愛していることが綴られている。

 つまりこの絵本は単なる偉人伝ではなく、幾つもの目的がある。アメリカを形作った偉大な人々を讃え、その精神を子どもたちに伝える。同時にアメリカの多様性を訴え、そして何より、娘たちへの父の深い愛情を表した一冊なのである。


英語版


日本語版
※スペイン語版、中国語版、ドイツ語版、韓国語版もあり



連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第14回「オバマ大統領は私にも『同胞なるアメリカ人』と呼びかけた」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:オバマ大統領, 02:53
comments(0), trackbacks(0)
『ルポ トランプ王国〜もう一つのアメリカを行く』金成隆一(著)を読む。
『ルポ トランプ王国〜もう一つのアメリカを行く』金成隆一(著)を読む。

 この本は「アメリカ人こそ読むべき」だ。昨年11月8日の大統領本選でトランプが勝利を収めた瞬間から全米はもちろん、世界中が「なぜ???」を連発した。アメリカの大手メディアが戦況をまったく読めていなかったことにメディア自身がショックを受け、改めて様々な分析が行われた。その結果、「貧しい白人」がトランプを勝利に導いたという結論が出され、そこに落ち着いた。

 本書は朝日新聞ニューヨーク支社勤務の記者、金成隆一氏が大統領選の1年間、2015年の12月から本選日まで、その「貧しい白人」が集中するラストベルト(中西部のさびれた工業地帯)とアパラチア地区(全米きっての貧困地区と言われる)に通い詰め、なんと150人を優に超える人々をインタビューしたリポートだ。朝日新聞のサイトで連載されて評判となり、大幅加筆の上、新書化された。



■150人へのインタビュー

 アメリカのメディアが完全に見落としていた巨大なうねりを、ひとりの日本人記者が黙々と追い続けていたのである。

 本書には、すでに閉鎖された製鉄所や炭坑に勤めていた男性たち、潰れてしまったホットドッグ・レストランに勤めていたり、今はバーで働いている女性たちが登場する。彼らが生活の窮状や将来への大きな不安を語る。

 皆、真面目に働き、家族を大切にし、愛国心の強い、白人のクリスチャンたちだ。

 金成氏はニューヨークから6時間も7時間も車を運転してオハイオ州やペンシルバニア州に通い、可能な限り多くの人の話を聞いた。ニューヨークやロサンゼルスのような都会ではなく寂れた田舎町に暮らすこうした人々は、自分たちの声など誰も聞いてくれないと思っている。だからこそ、どこからともなくひょっこり表れた日本人ジャーナリストに自分の人生、心情、行き詰まった現状を打破してくれると信じているトランプへの熱い思いの丈をいくらでも話し続けた。自分の言葉が日本の新聞に載ることによって暮しが良くなったり、トランプが有利になるとはさすがに思っていなかっただろう。それでも話さずにはいられなかったのだ。とは言え、これは誰にでもできることではなく、金成氏のインタビュアーとしての天性の資質と鍛錬の賜物でもある。本書を読めば分かるが、インタビュー相手に「話したい」と思わせるインタビュアーなのである。

 そうやって聞き集めた中から、似たような話がいくつも出て来る。そこがキーだ。同じエリアで、多くの人が、驚くほど似た「良い時代」と「凋落の時代」を経験している。それぞれの話は個々人の個別の人生なのだが、背後にはアメリカの大きな歴史の流れが潜んでいる。彼らは歴史に翻弄された人々なのだ。同じ時代に同じ背景の中で生きてきた人々が同じ理由で同じ苦労・不安・絶望を背負わされた。だからこそ彼らが見い出した解決策も同じだった。それがトランプだった。

 この本は私たち日本人が読んでもおおいに役立つ。近い将来の備えになるだろう。しかし、今トランプに翻弄されているアメリカ人こそが読むべき内容だ。英訳してアメリカでこそ出版すべき書籍なのである。





■トランプ支持者と"人種"

 ここから先、『ルポ トランプ王国』の内容そのものからは逸脱する。

 オバマ大統領の初戦、2008年に対立候補ジョン・マケインの選挙キャンペーンを追った『Right America: Feeling Wronged』というドキュメンタリー映画がある。タイトルは「正しい(はずの)アメリカだが、不当な扱いを受けていると感じる」といった意味だ。ドキュメンタリー映像作家のアレクサンドラ・ペロシ(民主党下院院内総務ナンシー・ペロシの娘)がマケイン本人ではなくマケイン支持者、つまりアンチ・オバマの有権者たちにインタビューを行っている。

 カメラは『ルポ トランプ王国』と同じく、白人しか住まない小さな町に分け入って行く。カメラの前で悪びれもせず「黒人には投票しない」と言い切る者がいる。さらには「Nワード」さえも飛び出す。当時、米国初の黒人大統領が誕生しそうな気配に心底怯え、怒り、動顛していた人々だ。彼らがオバマ大統領当選後の8年間に抱えた憤怒は、多くの日本人には到底理解できないレベルのものだった。

 このドキュメンタリーに登場した人々の多くが、今回の選挙ではトランプに票を投じたはずだ。

■1950年代の白人と黒人

 『ルポ トランプ王国』を読んでいて、あることに思い当たった。ナフタ(北米自由貿易協定)によって仕事を無くしたと言う、製造業に携わっていた高齢者たち。彼らは1950年代のアメリカ華やかなりし頃を懐かしむ。今、彼らは「エスタブリッシュメント(既得権層、富裕層)が自分たちを搾取している」と考える。

 彼らが経済的に頂点を極め、豊かなアメリカ中流ライフを満喫していた1950年代に、彼らは黒人の生活状況を考えたことがあるだろうか。黒人の権利獲得のための公民権運動は1950年代半ばから盛り上がり、1964年にようやく公民権法が制定されたが、その後にキング牧師もマルコムXも暗殺されている。

 今年のアカデミー賞で話題となった実話に基づく映画『ラビング 愛という名前のふたり』(原題:Loving)も1950〜60年代が舞台だ。当時、南部では黒人と白人の婚姻は違法であり、夫妻は逮捕、勾留さえされた。2人の間に生まれた赤ん坊は、生まれてはならない子だった。やはり黒人と白人の両親を持つバラク・オバマは1961年生まれであり、ラビング夫妻の子どもたちと同世代である。幸いなことに、バラク・オバマが生まれたハワイ州では異人種間結婚は違法ではなかったのである。

 当時、白人しか住まない小さな町の住人であれば、黒人と接する機会は無かっただろう。公民権運動が盛り上がってメディアが取り上げ始めると、最初は何やら不穏なことが起こっていると不安に感じ、やがて憤りを感じた者もいたことだろう。中には、自分の子どもが通う学校に黒人を入学させないために怒号を飛ばした者もいるだろう。

 しかし、彼らは皆 "真面目に働き、家族を大切にし、愛国心の強い、白人のクリスチャン" だった。

 その彼らが今、経済的に凋落し、将来を憂えてトランプに投票した。トランプも "自称" 真面目に働き、家族を大切にし、愛国心の強い、白人のクリスチャンなのである。実のところ、トランプはニューヨークという大都市に生まれ、親の代から極めて豊かであり、労働者階級の生活など知る由もない「エスタブリッシュメント」なのだが。

 つまるところ、経済の凋落が「貧しい白人」を引き付けたと言われる今回の選挙も、その根底にはアメリカの根深い人種問題が横たわっているのである。



連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第14回「オバマ大統領は私にも『同胞なるアメリカ人』と呼びかけた」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:ブラックカルチャー, 11:53
comments(0), trackbacks(0)
トランプが観るべき難民ミュージカル『ア・マン・オブ・グッドホープ』

トランプが観るべき難民ミュージカル『ア・マン・オブ・グッドホープ』



ニューヨークのブルックリンにて5日間限定で上演されたミュージカル『ア・マン・オブ・グッドホープ』を観た。南アフリカ共和国の劇団による、あるソマリア難民の人生を描いた作品だ。

マリンバを多用した南アフリカの牧歌的な音楽
足を踏み鳴らすダンス
独特の「アルルルルル!」という掛け声
アフリカの歌唱とオペラの融合

段ボールを切り抜き、ダクトテープを巻いただけの機関銃
男が抱えるタイヤと運転ハンドルはトラック

ドア枠だけで表す国境の入管
皺だらけの黒いビニールシートをくぐるのは不法入国

凹んだバケツとたらいは貧困の象徴
アメリカの豊かさを表すのは「GOLD」と書かれたプラカード


A Man of Good Hope
Isango Ensemble / Young Vic





この作品は南アフリカ共和国の作家ジョニー・ステインバーグが実在の人物アサド・アブダラヒへのインタビューを元に書き上げた小説「A Man of Good Hope」を原作とする。

アサドはソマリア人。1991年の内戦時、8歳の時に目の前で武装集団に母親を殺され、命からがらケニアへ逃亡。幸いにも親戚に巡り会い、その女性が母親のように面倒をみてくれる。しかし、その女性もやはり混乱の中で重症を追い、幼いアサドは動けなくなった女性の下の世話、生理の始末まですることになる。なぜなら天涯孤独のアサドにとって、この女性が唯一の頼れる大人だったからだ。

その後も幾多の苦難があり、アサドと女性は離ればなれになる。以後、アサドはエチオピア、タンザニア、ジンバブエ、南アフリカ共和国と移動し続ける。国から国へと、時にはパスポートを持って合法移民として、時には不法入国者として密かに国境を渡る。

だが、アサドが幼い頃から常に夢見ているのは「世界一でっかいトラックがある」豊かな国、アメリカだ。幸運な同胞は飛行機に乗り、渡米して行くが、アサドにそのチャンスは巡って来ない。アサドは成長し、アメリカ行きの希望を捨てないままエチオピアで結婚し、南アでは商店を経営するに至る。

だが、南ア人は「外国人ヘイト」を吹き出し始め、「外国人は我々の仕事を奪う」「移民は犯罪を犯す」と呪う。アサドも店員を殺され、身を粉にして得た商店と大切な搬送トラックを無くしてしまう。

この後、アサドは果たしてアメリカ行きのチケットを手にすることが出来るのか……



非常に重い物語だが、全体のトーンは沈鬱でも重厚でもなく、むしろ軽やかで、コミカルにすら感じるシーンも。傾斜を付けたステージの両脇にマリンバと他の楽器が置かれ、俳優は複数の役をこなし、楽器の演奏も行う。歌は時にオペラ調となり、アフリカ音楽との違和感のない融和に驚く。セリフは英語。アフリカ人の英語は日本人には聞き取りやすい。

主人公アサドは年齢に応じて子ども、若者、成人と4人の俳優が演じるが、一人は女性だ。実在の主人公も原作者も男性だが、女性の生理、女性割礼のエピソードが出ることにやや驚いた。



親を亡くした幼いアサドに祖国に残る道は無かった。命を賭けて何ヶ国を渡り歩かなければならなかった。落ち着いた生活を手に入れたと思った国も安住の地では無かった。

アサドがアメリカに渡っても幸福になれる確証はない。しかし、少なくとも死ぬことはほぼ無くなるだろう。人間が「明日にでも死ぬかもしれない」国から、「死ななくて済む」国に渡りたいと願うのは自然なことだろう。

人間としての生きる権利。
国境を守らねばならない国家の義務。
どちらが優先されるべきなのか。




連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第14回「オバマ大統領は私にも『同胞なるアメリカ人』と呼びかけた」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:ブラックカルチャー, 15:06
comments(0), trackbacks(0)
オバマ大統領は私にも「同胞なるアメリカ人」と呼びかけた。〜ヒューマン・バラク・オバマ第14回

オバマ大統領は私にも「同胞なるアメリカ人」と呼びかけた。〜ヒューマン・バラク・オバマ第14回

■人間としてのバラク・オバマと、彼がアメリカに与えた影響を描く連載■


 オバマ前大統領は演説の最初に聴衆に向ってよく「My fellow Americans,」と呼びかけた。fellow は「同胞の」「仲間の」といった意味を持つ。つまり「私の同胞たるアメリカ人の皆さん」。

 多種多様な人々で構成され、米国籍を持たない人も多いアメリカ。オバマ大統領の言う「アメリカ人」とは、いったい誰を指すのだろうか。

 ここで言うアメリカ人とはアメリカ生まれの米国籍者だけを特定しているのではなく、全米人口3.2億人のすべてを含み、「アメリカに住んでいる人」の意だ。


■アメリカ人? 移民?

 アメリカでは人種も民族も宗教も、親の出身国も関係なく、アメリカで生まれた子はアメリカ国籍者であり、つまり法的にアメリカ人だ。親が外国籍、さらに不法滞在者であってもそこは変わらない。

 外国で生まれ、後にアメリカにやってきた移民は米国市民権を取得すれば法的にアメリカ人となる。市民権を取得せずとも永住権を取れば外国籍のまま永住できる。今回のトランプのムスリム7ヶ国民入国禁止令で最も問題とされたのは、永住権保持者も対象としたことだった。アメリカに永住する権利がある者を入国させなかったのである。

 ある程度の年齢以後に移住すると英語に母国語の訛りが残り、人によっては服装や立ち居振る舞いからも外国生まれだろうと推測できる。しかし幼い時期に移住した人たちの多くは訛りが無く、外観からも外国生まれとは分からない。彼らは家庭で親から祖国の文化や言葉を受け継いではいても教育をアメリカで受けているため、中身はアメリカ人だ。アメリカではこうした人々の中にも市民権保持者、永住権保持者、そして不法滞在者がいる。

 オバマ前大統領が救おうとしていたのが通称ドリーマーと呼ばれる、幼い時期に自分の意思ではなく不法滞在者としてアメリカにやってきて、アメリカで教育を受けて育った若者たちだった。

 ドリーマー擁護の理由は、まず彼らは先にも書いたように文化的にアメリカ人であること。生活の基盤がすべてアメリカにあること。不法滞在者ゆえに母国に戻ったことがなく、ごく幼い時期に渡米した者は母国の記憶すら無い。また、アメリカの税金で教育を施した若者を出身国に戻すのは頭脳や才能、労働力の流出でもある。

 家族離散の問題もある。親子で違法に国境を渡った一家もアメリカで次の子どもが生まれると、その子はアメリカ市民だ。何らかの理由で一家が強制送還になる場合、親はアメリカ生まれで米国籍の子も祖国に連れ帰るか、もしくはアメリカで教育を受けさせるために合法滞在の親戚や知人に預ける選択を迫られる。後者を選んだ場合、ドリーマーと弟妹は離ればなれになるのである。

 こうした若者たち、ドリーマーの問題は政権が移った今、宙ぶらりんのままだ。彼らは今、突然の強制送還策施行をとても恐れている。


オバマ大統領、最後の演説。2017/1/10
"My fellow americans" のフレーズは1'20"あたり。




■3つの国旗を持つアイデンティティ

 移民もアメリカ生まれの二世もアイデンティティは複雑だ。アメリカと祖国の二重国籍者も多い。多くの場合、祖国の文化を内包している。あるラティーナ女性は「私の第一言語はスペイン語!」と英語で説明してくれた。ニューヨーク生まれだがヒスパニック・コミュニティで育ったため、家庭内はもちろんコミュニティ内でもスペイン語が使われ、スペイン語が第一言語だった。小学校から英語とのバイリンガル教育が始まり、子どもたちはバイリンガルとなる。中には英語に傾き、祖国語がおぼつかなくなるケースもある。それを防ぐために今はデュアルリンガル教育もある。英語とスペイン語、英語と中国語……どちらも第一言語として卒業まで学び続けることを言う。

 ニューヨークには年間を通じてたくさんのエスニック・パレードやフェスティバルがある。プエルトリカン・デイ・パレード、カリビアン・アメリカン・デイ・バレード(ジャマイカやハイチなどカリブ海諸国)は規模も大きく有名だが他にもイスラエル、インド、ドミニカ共和国、アフリカ諸国 ……数え切れないほどある。

 そうしたパレードに行くと、祖国とアメリカの2つの旗を降っている人たちを見掛ける。例えば「ドミニカ人であり、アメリカ人でもある」と自覚している人たちだ。アメリカ生まれ、アメリカ市民権取得者、永住権保持者、不法滞在者のどれであるかは関係ない。中には3つの旗を持つ人もいる。「父はジャマイカ人、母はトリニ人、そしてボクはアメリカ生まれ」のように。

 アメリカでは人のアイデンティティに無数の組み合せがある。オバマ大統領自身、アメリカ、ケニア、インドネシアの3つのバックグラウンドを持つ。オバマ大統領はさまざまな法的ステイタス、アイデンティティを持つすべての人々に向って「My fellow Americans,」(私の同胞たるアメリカ人の皆さん)と呼びかけ続けていたのである。


連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第13回「トランプと黒人社会の戦争が始まる」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:オバマ大統領, 14:09
comments(0), trackbacks(0)
スーパーボウル2017〜多様性を訴えたCM:アンチ・トランプに声を上げた企業

スーパーボウル2017〜多様性を訴えたCM:アンチ・トランプに声を上げた企業

 2月4日に開催されたスーパーボウル。白熱の試合とは別にCMも大きな注目を集めた。トランプ政権のムスリム禁止令、メキシコ国境の壁建設令に危惧を抱いた大手企業数社が、非常に高価なCM放映枠でアメリカの多様性を訴えるCMを流した。中にはメキシコからの違法移民を歓迎する内容のものさえあった。

 CMを再度観るためにアクセスが集中し、サイトが一時的にダウンした企業もあれば、トランプ支持層からのボイコット運動の対象となった企業もある。以下はそのCMである。いずれも英語に不案内でもほぼ内容が分かる構成となっている。


コカ・コーラ Coca Cola
アメリカの愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」を多言語で歌ったもの。そもそもは2014年にオンエアされ、その時も批判が起り、今回はコカコーラ・ボイコットのハッシュタグが作られた。


バドワイザー Budweiser


ドイツからアメリカへの移民であったバドワイザーの設立者が「よそ者」として差別され、苦労しながらもアメリカでのビール醸造を目指す物語。このCMもバドワイザー・ボイコットを引き起こした。


84ランバー 84 Lumber (オンエア・バージョン)


内装施行と建材の会社。メキシコからアメリカに不法移民として入国しようと長く辛い旅をする若い母親と少女の物語。トランプが建設しようとしている「壁」を描写したオリジナル・バージョンはスーパーボウルの中継局フォックスから許可が降りず、有刺鉄線の柵のみが写っているバージョンをオンエア。

オンエア・バージョンの最後に「結末はウエブサイトにて」と書かれており、アクセスが集中してサイトは一時ダウン。


84ランバー 84 Lumber (オリジナル・バージョン)


「壁」の建設労働者と「壁」が登場。6分近いミニムービーの赴き。最後に「ここでは成功への意思は常に歓迎される」のメッセージが現れる。保守系の新聞は「この会社はいったい何を考えているんだ?」という記事を掲載した。


エアビーアンドビー Airbnb


さまざまな人種・民族の顔を写し、「あなたが誰であれ、どこから来ようが、誰を愛そうが、または何を信仰しようが、私たちは皆、属すると信じます。世界はあなたが受け入れるほど、より美しくなります」

エアビーアンドビーはアップル、フェイスブック、マイクロソフト、ツイッター社などと共にトランプの政策に反する提訴を行っている。2月6日現在、提訴には97社が参加。


グーグル Google


直接的なメッセージは含まれないが、多種多様な人々の楽しい日常生活の風景を描いている。レインボーフラッグ、ユダヤ教徒が家の入り口に取り付けるメズーザーと呼ばれる祈りのための小さな門柱が意図的に写されている。


ミシュラン Michelin


これも政治的なメッセージはないが、さまざまな人種・民族・言語が現れ、同社のキャラクター、ミシュランマンが手でハートマークを形作っている。

 各企業がこうしたCMを流した理由はそれぞれだろう。企業理念、もしくは設立者の個人的な理念として「アメリカは誰でも受け入れる」を信望しているケースもあれば、ほとんどのIT企業がそうであるように移民や非キリスト教徒なしでは成り立たない業種もある。また、マイノリティ排除の保守性がユーザーに嫌われる業種もあるだろう。

 同時にアメリカ・ファースト派には彼らが思うアメリカの姿がある。

 ふたつの異なるアメリカは今、それぞれが信じる「アメリカの理想像」を掲げているのである。
 




連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第13回「トランプと黒人社会の戦争が始まる」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 10:50
comments(0), trackbacks(0)
NY:ムスリム・コミュニティに広がる恐怖〜神の手にゆだねる
NY:ムスリム・コミュニティに広がる恐怖〜神の手にゆだねる

トランプによる大統領令「シリア難民受け入れ停止+イスラム7ヶ国民の米国入国禁止」について、ニューヨークのハーレムに暮らすマリ人の友人に聞いた。マリは西アフリカの国。マリ人も含め、ニューヨークにはアフリカ諸国からのムスリム移民が多く暮し、ハーレムにもアフリカ人コミュニティがある。友人は合法滞在者だが、コミュニティの人々は事態を非常に恐れていると言う。

「皆、このことについて話し続けている。多くの者が恐れている。マリは7ヶ国に含まれていないが、次に何が起こるか誰にも分からないと皆、言っている。

違法滞在者についてどういった決定がなされるか待っている状態だ。残念なことに多くの不法滞在者がいる。その多くはアメリカに何年も暮し、働き、税金を払っている。ビザの期限が切れた後も滞在していることを除けば、多くは法を守る犯罪歴の無い者で、中にはアメリカ生まれの子を持つ者もいる。

しかし運命は神の手にゆだねると彼らは言う。イスラム教徒として、起こるべきことは何であれ起こるものだと考えている」



西アフリカ人コミュニティにある確定申告も行う事務所/セネガルの魚料理/アフリカン・レストラン/民族衣装用の生地屋(いずれもハーレム)(時計回り)




連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第13回「トランプと黒人社会の戦争が始まる」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 10:43
comments(0), trackbacks(0)
ハーレムのイスラム教徒〜私の隣人たち

ハーレムのイスラム教徒〜私の隣人たち

■イエメンからの男性

 先日、TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』に電話出演し、10分ほど荻上さんの質問に答える形式で「イスラム7ヶ国民の米国入国禁止」の大統領令が出された後のニューヨークの状況を説明した。その時に話したイエメン系の男性の話を補足したい。

 番組出演にあたって7ヶ国からの移民の話を聞きたかったが知り合いにはいなかった。ニューヨーク市内のイスラム団体に電話をすれば話は聞けるはずだが、できれば直接会って話をしたかった。そこで「ボデガ」に行くことにした。

 ボデガとはニューヨークに無数にある食品と雑貨を売る店だ。ダウンタウンではデリと呼ばれるが、ここハーレムではボデガと呼ばれる。経営者はドミニカ系か中東系。ハーレムでの密集度は日本のコンビニよりはるかに高い。だから家の近所で数軒回れば7ヶ国の人に一人くらいは当たるだろうと思った。

 さっそく家を出て角を曲がり、まずは自宅にいちばん近いボデガに入った。レジカウンターにいるオーナーらしき年配の男性は携帯で熱心に話し込んでいる。アラビア語ではないかと思う。電話が終るまで待とうと思ったが、おそらく現状について語りあっているのだろう、長くなりそうな気配だった。

 その時、背後からアラブ系の訛りのある英語で「グリーンカード(米国永住権)が〜」という会話が聞こえた。若い店員だった。これはチャンスと思い、日本のライターです、大統領令について話を聞いていいですかと尋ねた。

 その店員はいぶかしげな顔付きで「日本人なのになぜ?」と聞き返してきた。もっともだ。今回の大統領令は日本でも大きな話題になっているし、私自身アメリカに暮らす移民であり、アメリカには戦時下に日系収容所を作った歴史があると説明すると、「へぇ、なるほど」と彼自身の状況を話してくれた。

 その青年は7ヶ国のひとつ、イエメンの出身だが、すでに市民権を取得していた。大統領令が出されたちょうどその日、親戚一家が里帰り中の故郷からアメリカへのフライトに乗っていたと言う。ワシントンD.C.の空港に到着した際、一家の両親は市民権保持者で大丈夫だったが、子ども二人はグリーンカード保持者だったので勾留されているとのこと。

 その日の朝、連日のデモと法律家たちの抗議に屈したトランプ政権は「グリーンカード保持者は禁止令から除外」の発表を行っていた。朝から店で働いてたらしい青年にそのことを告げると、「それは良かった!」と喜んだ。

 途中で録音してもいいかと尋ねると予想どおり、「ほら、分かってると思うけど僕たちはプレッシャー下にあって、家族とかいるし……」。もちろん理解している。だから青年の名前も親戚一家の詳細も敢えて聞かなかった。



イスラムの祝日に着飾った少女たち。ハーレム


■甘いコーヒー

 これが今のハーレムだ。中東出身のムスリムがたくさんいる。他にも西アフリカ諸国からの移民とその子どもたち、南アジア諸国からの移民とその子どもたち、そしてマルコムXのようにどこかの時点でキリスト教から改宗したアメリカ黒人とその子どもたち。

※ハーレムに住んでいるのはアメリカ黒人とアフリカ移民。中東系と南アジア系はそれぞれのコミュニティに暮し、ハーレムに“通勤”している

 だからハーレムの日常生活では当たり前にイスラム教徒と接する。買物に行く店の店員だけでなく、ダンキンドーナツの店員(ほとんどが南アジア系だ。砂糖抜きのコーヒーはコーヒーではないらしく、入れないでと言っても入れる人がいる)、道ですれ違う通行人(ヒジャブを被っていればおのずと分かる)、露天商の中には歩道に小さな絨毯を敷いてお祈りをする人もいる。息子の小学校のクラスメイトにも何人かいた。あるお父さんはPTAのイベントによく来ていた。

 私のハーレムツアーで立ち寄る店にもイスラム教徒が経営するものがある。彼らとは普通に雑談する。宗教の話は滅多にしない。かなり以前、「君、宗教はなに?」と聞かれて「無い」と答え、見事にどん引きされたことはある。別の店で店員の男性に日本のお菓子をお裾分けした時、「ポークは入ってないよね?」と念押しされたことはある。(ラマダンの時期だったが、その人は「やってないんだよね〜」と笑っていた)

 息子の遠足に付き添い、教会見学の際に中に入ろうとしないイスラム教徒の生徒と、ちょっとした話をしたことはある。ヒジャブを被った女の子から「断食を少しずつ練習してるの」と聞いたこともある。

 そういえば、以前勤めていたハーレムYMCAでの同僚だったバングラデシュからの移民で当時大学生だった女性は、ムスリム女性のファッションや、親の世代との宗教観の違いについていろいろ教えてくれた。

 しかし普段はそうした違いを気にすることはほとんどなく、皆、普通の隣人たちだ。そんな人々が今、一週間前と同じように当たり前に働き、学校に通いながらも心の底には大きな恐怖を抱えているのである。



連載「ヒューマン・バラク・オバマ・シリーズ」
第13回「トランプと黒人社会の戦争が始まる」+(バックナンバー)





ハーレム・ツアー(ブラックカルチャー100%体感!)
ゴスペル・ツアー(迫力の歌声を全身にあびる!)
スパニッシュハーレム・ツアー(ラテンカルチャー炸裂!)
ワシントンハイツ・ツアー(スペイン語の街 "In the Heights"はここで生まれた!)

 

 

 

 

 

 

author:堂本かおる, category:トランプ, 06:43
comments(0), trackbacks(0)